HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > 成功した著者は必ずやっている「著者マーケティング」

出版ノウハウ無料公開ブログ

成功した著者は必ずやっている「著者マーケティング」

2015/05/13本を出したあとが"本番"です

こんにちは、樺木宏です。


さて、著者さんが本を出すと、嬉しいものです。

もちろん、ご本人がなにより嬉しいと思いますし、

編集者も喜んでいます。

皆達成感につつまれて、ハッピーなムードになります。


ですが私は、「ここからが本番ですよ」という事を良く言います。


というのも、本を出版するというのは、ビジネスパーソンにとっては、

ブランド力を上げる手段。

本を売って終わりではなく、読者とどう関係をつくるか、

次にどんなサービスを提供できるか、が目的です。


そう考えると、本を出した直後というものは、

「読者をどうやって見込み客にして、関係性を築いていくか」

がもっとも効果的に行えるので、力を入れて取り組むべき時期なのですね。


言い換えれば、見込み客とのコミュニケーションの機会を増やし、

売上につなげる具体的な行動を考案、実行できる絶好の時期を、

みすみす逃してはいけない、と言うことです。


では具体的にどうするか、という事ですが、

「読者は何に悩んでこの本を手に取ってくれたか」から逆算するのが良いでしょう。

本で解決しきれなかった悩みに踏み込んだり、

タイトル以上の、さらなる境地に押し上げてあげたり、

を、サービスとして提供するのです。


例えば、セミナーを開催はオーソドックスでお勧めな方法です。

以前、支援した本で、"社長向けに残業代を払わないですむ為の本"がありました。

出版後、自社の残業代をどれくらい減らせるかのワークを中心としたセミナーをやりましたが、

その結果、そのセミナーだけで、顧問契約が数社とれました。


いかがでしょうか?

本が出たら、「ここからが本番」という気持ちで、ぜひ取り組んで見て下さいね。

 

2015/01/07ブログが著者にもたらす3つのメリットとは?

こんにちは、樺木宏です。


さて、あなたはブログを書いているでしょうか?

「毎日書いている」という人もいるでしょうが、

「昔は書いていたが、最近はちょっと・・・」という人も多いのではないでしょうか。

多忙な中で、すぐに目に見えた成果の出ないブログは、確かに続けるのが難しいですね。


でも私はクライアントの著者さんに、ブログを書き続ける事をお勧めしています。

それは、大きなメリットが3つもあるからです。

 ・文章を書き続けることで、文章力が上がる

 ・Web上に情報発信し続けることで、出版社や見込み客から見つけてもらえる

 ・あなたのHPやブログが検索エンジンで上位表示される

これらのメリットは、いずれも著者のブランディグにとって、大切なものです。


まず、文章力が上がれば、本を書くストレスが軽減されますし、読者も内容が理解しやすくなり、結果も出しやすくなります。

そうなると、口コミでの評判も良くなりますから、売れる本になる。

売れる本になれば、次の商業出版も決まる・・・という好循環が起きやすいです。

逆に、執筆のストレスが大きすぎて、次の出版が止まってしまうと、それ以上著者ブランドが

上がる事はありませんから、文章力が上がるメリットは大きいです。


次に、Web上に情報発信し続けることで、出版社や見込み客から見つけてもらえます。

一時期のように、そのままブログが本になるようなケースは少ないですが、

それでも出版社は、著者のブログをチェックします。

確かな内容であれば安心してもらえますから、採用確度はアップしますし、

更新の途絶えたさみしいブログだと、その逆も十分ありえますから、おろそかには出来ません。


また、ブログを書き続けていると、あなたのHPやブログが検索エンジンで上位表示されます。

昔は他のサイトから貼ってあるリンクの数などが重視されていましたが、

昨年夏にGoogleの基準が大きく変わったことで、文章の内容がより順位に反映されるようになっています。

将来的にも、コンピューターは体に身につけ、音声の話し言葉で検索される機会が増えていくでしょう。

そうなると、ますます書かれた文章を分析、評価されるようになるのは間違いないので、

書き続けることは、ますます価値が高まるのですね。


いかがでしょうか?

これらのメリットがあると無いとでは、著者としてのブランド力に大きな差が出てきます。

なお、これだけ価値のあるブログですから、いつ消されてしまうか分からない無料サービスではなく、

できれば自分自身のドメインをとった独自サイト内で、運用したいですね。

中長期の著者ブランディグを考えるあなたの、ご参考になれば幸いです。

 

2014/12/03本を出しても、ビジネスにつながらない!?

こんにちは、樺木宏です。


さて私は、いろいろな著者さんと、交流会などでお話する機会があります。

そんなときたまに聞くのが「本を出版したけど、ビジネスにあまり好影響がなかった」

というもの。

これは本が売れる売れないの話とは別で、ベストセラーになったけど好影響が無かった、

という人もいるのです。

これは残念ですね。


でもこうしたケースは、実は意外と多いようです。

思うに、本を出す前は、出す事自体に意識が行きすぎてしまい、

本を出した後の事まであまり考えていない、という事なのだと思います。

でも、これは大変勿体ない。

私の周囲では、本を出してビジネスを大きく飛躍させている人が多いので、

なおさらそう感じます。

例えば私のクライアントには、重版もかかっていない本からテレビやラジオ、雑誌から

50回以上オファーが来ている人もいます。

では、何がその違いを分けるのか?という事ですが、

原因は大きく分けると2つです。

 ・本を出した後の、受け皿をつくっていないケース

 ・本とビジネスが、うまくつながっていないケース

です。


前者に関していえば、これは必須事項です。

今の時代、検索して出てこないという事は、存在していないのと同じ。

読者は「いい本を読んだ」「さらに情報が欲しい」と思えば、著者名で検索してきます。

あるいは交流会で名刺交換後、関心があればやはり検索してきます。

その時に、検索してもHPが上位表示されなかったり、あるいは著者としての情報発信を

していないHPやブログなどが表示されれしまうと、せっかくの見込み客が去ってしまうのです。

こうした機会損失をしないよう、最低限のWebの受け皿は必須といえるでしょう。


次に「本とビジネスが、うまくつながっていないケース」ですが、

これはそもそも企画を考える時にまで遡る必要があります。

「最終的に接点を持ちたい顧客像」をイメージして、企画を考案しなければいけないのですね。

そういう人を呼ぶためにセミナーをやり、その集客の為に本を出す、という具合に、

逆算で考えていく事が必要なのです。

ここを軽く考えて本を出してしまうと、いくら売れても欲しいお客がこないのはもちろん、

場合によっては来て欲しくないお客や、取りたくないポジションでオファーが来るなどの、

マイナスブランディグになることすらあります。


いかがでしょうか?

商業出版は、ビジネスの強力な武器となるものです。

その使い方を誤らないよう、受け皿や企画考案時には、よくよく考えていきたいですね。

 

2014/11/12出版企画よりも先に考えなければいけないこと

こんにちは、樺木宏です。


さて、本を出そうと思ったビジネスパーソンは、出版企画よりも先に考えなければ

いけない事があります。

それは、

「もっとも利益が上がり、受注できたら嬉しいサービス」

を考えておく事です。

これがないと、本を出してもなかなか利益に結びつかず、

継続してブランディグするのも難しい、という事になりがちです。


どうしてかというと、

 もっとも利益があがるサービスを受注したい

 →その人を呼ぶ為のセミナー等を主催する

 →セミナーに呼ぶ為の本を考える

 →その本と同じテーマで、ブログやメルマガなどを書く


という、順番で考えるのが、もっとも効率が良いからです。

こういう順番で設計するから、効率良くお客を獲得することができますし、

サービス内容も常にお客の悩みからブレる事なく、一貫して提供することができます。


しかし多いのは、これの逆のパターン。

 
 今自分がやっている仕事や、考え方をそのままブログに書いてみた

 →その内容を本にしたい

 →その内容でセミナーをやってみるが、あまり人が集まらない

 →コンサルもあまり受注できない

という流れの人が多いのです。


このやり方ですと、最初に考えたブログや本が、最終的なビジネスにつながりずらい上に、

あまり考えないで情報発信を始めているので、売れるテーマにもなりずらい。

だからこの順番で考えて成功しようと思う人は、宝くじにあたるような"運だのみ"になって

しまっているのです。

いろいろとサービスが変わって行く人がいますが、まさにこの状態に陥っているのですね。

いかがでしょうか?

出版企画よりも先に考えなければいけないことは、もっとも利益が上がり、受注できたら嬉しいサービス。

ここを徹底的に考えましょう。

市場のニーズを踏まえ、自分の強みを活かし、ライバルと差別化する。

その上で、逆算で情報発信を考えて行けば、ゴールを狙いすまして行動できます。


あなたが最短距離を行くための、ご参考になれば幸いです。

 

2014/07/01著者なら必ず押さえたい"商業出版"のもう1つの意味


「著者なら必ず押さえたい"商業出版"のもう1つの意味」

こんにちは、樺木宏です。


さて、「商業出版」の意味をご存知でしょうか?

この記事を読んでいただいている方なら、

「出版社が費用を全額負担し、ビジネスとして発行する出版のこと」

という事は、すでにご存知だと思います。

書店で売れることで、投じた費用は回収され、利益がでる出版ですから、

ビジネスとしての出版=商業出版、なのですね。


でもこれは、あくまで出版社側の見方。

著者にとっての見方ではありません。

著者にとっての商業出版の意義は、別のところにもあるのです。


それは何か?

結論から言えば、

「あなたの知識を売る事業を立ち上げるための出版」

という事です。

具体的には、

 本を売る→セミナーや動画コンテンツなどを売る→コンサルティングや顧問契約を売る

という事業のしくみをつくる為の出版、という事。

これもまた、ビジネスとしての出版=商業出版です。


この著者側からの視点でみれば、本が書店で売れることは、ビジネスの入り口という位置付け。

つまりプロモーションの1部ですから、本を出すことは目的では無く、手段と言うことになります。

そして目的は自分の事業ですから、本と事業との連動を考えることが、とても大切なのです。


実は、この考え方を頭で分かっているだけの人と、実行している人とでは、著者人生が全く違ってきます。

・本を出した後の、集客数と売上が全く違います

・その後の出版で軸がぶれてしまい、ファンが離れることを防げます

・立ち位置が明確になることで、周辺領域との組み合わせで、書ける守備範囲が広がります

・守備範囲が広がる結果、本を長く出し続けることが出来ます


いかがでしょうか?

商業出版は、出版社にとってビジネスなるだけでなく、

あなたにとっても"ビジネス"でなければいけません。

こうした姿勢があなたの事業を高め、ブランディグを高め、ひいては本が売れていきます。

だからあなたが「知識を売る事業としての出版」にこだわればこだわるほど、

出版社とのWin-Winの関係につながっていくのですね。

 

PageTop