HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > あなたに隠された「著者の強み」に気づく > "あなたならではの本"を出すたった1つコツとは?

出版ノウハウ無料公開ブログ

"あなたならではの本"を出すたった1つコツとは?

2019/03/14

こんにちは、保護ねこ9匹と暮らす出版コンサルタントの、樺木宏です。

さて、世の中には本が多く出回っていて、

書店では似たような本がひしめいていますね。

こんな中、埋もれてしまわずに、

「あなたらではの存在感を放つ本」

を出すには、どうしたらいいのでしょうか?


こう聞くと、

「とても難しそう」

という印象を持つ人も、多いかもしれません。


でも実は、それほどでもないんです。

結論から言えば、

「事実ではなく、意見を主張する」

だけでいいんです。


多くの人は、「本を出す」ということについて、

必要以上に「堅いイメージ」をもっています。


また、自分の名前で世の中に出す、となると、

周りの目や、批判が怖くなる、という面もあります。

これは、本を出そうとした人にしか、なかなか分からない怖さです。


こうしたこともあってか、

多くの人が、安心するために、

「誰もが正しいと思う事実」

を、本の主張にしてしまいがちなのですね。


さらには、自分の意見を控えてしまい、

「自分の中の熱い面」「ユニークな面」

を、必要以上に押し殺してしまう、ということも。

しかしこれは、ちょっと考えれば誰にでもわかりますが、

「その他大勢と同意見」

と言っているのと同じこと。

そつない本にはなるでしょうが、

読者の心に刺さるということも、なくなってしまうでしょう。

もちろん、あなたならではの個性を活かすということも、

できなくなってしまいます。


だから、企画も通りにくくなるし、

仮に通ってもあまり売れない。

だからますます怖くなり、無難な正しいことを探し・・・

こんな負のループに陥ってしまっている人は、大勢います。

逆に、「あなたの意見」を書けば、話は変わってきます。


「実は、○○はとてもすごい!」

「世の中では少数派だけど、こちらが正しい」

「否定する人も多いかもしれないが、私はこう思う」


こういう主張の本であれば、

「えっ、なにそれ!?」

と気になる読者も増えますし、

「なるほど!」

と共感する読者も増えます。

自然とあなたの存在感もアップし、独自性のある本となるでしょう。


もちろん、

「何をいっているんだ」

という声も増えるはずですが、それはむしろ望むべきこと。

心に刺さるからこそ、アンチも生まれるわけですからね。

いかがでしょうか?

「事実ではなく、意見を主張する」ことで、

「あなたらではの存在感を放つ本」をつくっていきましょう。


ご参考になれば幸いです。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop