HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > あなたに隠された「著者の強み」に気づく > ちょっと待った! "今売れているテーマ" に飛びついてはいけません

出版ノウハウ無料公開ブログ

ちょっと待った! "今売れているテーマ" に飛びついてはいけません

2018/09/13

こんにちは、保護ねこ9匹と暮らす出版コンサルタント、樺木宏です。


本を出したい、でもなかなか企画が通らない・・・

そんなとき、

「今、こんな本が売れている」

といわれると、グラッと気持ちがうごきますよね。

「私もこんなテーマで書けば、本が売れるのでは」

と思うのも、無理はありません。


ただ、そこで安易に飛びつくのは、ちょっと待ってほしいのです。

なぜなら、

流行の移り変わりはとても速いから。


もし仮にそれでうまく出版できたとしても、

速ければ半年程度で、「昔はやったことがあるテーマ」になってしまいます。


たとえば、昔SNSがはやったときに、そのテーマで本を出したい人は大勢いました。

実際、数多くの本が世に出ましたが、そのテーマで出し続けている人など、

一人もいないと言っても過言ではありません。


また、その昔、勉強本がはやった時期もありました。

やはり多くの著者さんが本を書きましたが、

継続して出し続けているのは、本当に一握りの人だけ。

こうなってくると、次に本を出そうと思ったときには、

不本意ながらも、またその時の流行を追いかけざるをえないでしょう。

つまり、「次々に書くテーマが変わる人」となってしまいます。

世の中から見れば、

「何のプロなのかがよく分からない」

ということですし、

あまりに節操なく売れ筋ばかり追いかけると、

「一貫性がない」

という印象すら、与えてしまいかねません。

それを避けようとすると、

「すでに枯れたテーマで、昔本を出したことがある人」

にならざるを得ないでしょう。

これらは「ブランディング」という視点からは、やってはいけないことなのです。

とはいえ、中長期の視点がないと、容易に陥ってしまいがちな落とし穴でもありますので、

気をつけたいですね。


売れ筋から読み取るのは、テーマそのものではなく、その背景にある

読者の悩みや、それを生み出す構造。

そして時代に流されない、自分の軸足を「片方だけ」しっかりと築き上げること。

それができれば、うまくデメリットを避けつつ、時代の流れを利用できるでしょう。


その方法については、また別の機会にお伝えしますね。


ご参考になれば幸いです。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop