HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > 出版社に採用される!出版企画力編 > 今、本を商業出版でどんな本を出すべきなのか?

出版ノウハウ無料公開ブログ

今、本を商業出版でどんな本を出すべきなのか?

2017/11/02

こんにちは、樺木宏です。


「どんな本をだすべきか?」とは、新人著者からベテラン著者まで、

悩みの尽きないテーマですね。

書店にいくといろいろな本がありますから、

結局は「今売れているテーマで」とか、

「自分がやってきた仕事の内容で」本をだしてしまいがちです。


それはそれで悪い事ではないのですが、それだけだと「浅い本」になりがちで、勿体ない。

そこには、おさえておきたいポイントがあります。


それは、「あなたの物語を本の中に含ませる」ということ。

「今までどうやって社会と関わってきてきたのか」

「なぜそれをやってきたのか」

「これからどう関わるのか」

そうした動機を含む物語が、商業出版の本にはぜひ欲しいのです。


情報を伝えるだけなら、会って話したり、メールやSNSでもできます。

しかし情報過多の時代ですから、それだけでは届きませんし、届いても響かない。


その点、最も権威を持って受け止められるのが商業出版の本です。

共感され、支持される力も強いものがあります。

加えて、売れれば広く拡散する可能性もあるのですから、

商業出版ならではの強みを活かさない手はないですね。


人間を人間たらしめているのは、物語をつくり、共感して一緒に行動する能力。

それが伝わる本でないと、勿体ないし、商業出版の本であるべき必然性も少ないのです。


だから、あなたの「物語」を伝えましょう。

読者の問題を解決するとか、欲求を煽るとか、そういったテクニック以前に、

本の根底に流れる文脈をしっかり最初に決め、それを軸として貫く。

それだけで、出来上がる本が変わります。


ぜひ、読者にとっても、著者であるあなたにとっても、ひときわ思い入れの深い本をつくってください。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop