HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > 出版社に採用される!出版企画力編 > 目からウロコの、出版テーマの探し方

出版ノウハウ無料公開ブログ

目からウロコの、出版テーマの探し方

2018/06/14

こんにちは、保護ねこ8匹と暮らす出版コンサルタント、樺木宏です。

さて、今回は出版テーマの探し方。

あなたは、どうやって書くテーマを探していますか?

「仕事の内容をそのまま書く」という人もいるでしょうし、

「今売れているテーマで」という人もいると思います。


そういう方法も確かにあるのですが、私がお勧めしたいのはちょっと別の方法。

「やむにやまれず、どうしても言わなければ気が済まないこと」

を、テーマにして欲しいのです。


こう言うと、「仕事と全然違うテーマになってしまう」という人もいるかも知れませんが、それでも構いません。

「売れ筋の本とは全く違う」という場合もあるでしょうが、それでも大丈夫です。

それがあなたにとって本当に、「やむにやまれず、どうしても言わなければ気が済まないこと」

なのであれば、そのことに悩んでいる人は大勢います。

つまり読者ニーズがあります。


それがあなたにとって本当に、「やむにやまれず、どうしても言わなければ気が済まないこと」

なのであれば、あなたはそのことについて多くの時間やエネルギーを費やしてきています。

つまり著者の強みがあります。


それがあなたにとって本当に、「やむにやまれず、どうしても言わなければ気が済まないこと」

なのであれば、かならずあなたならではの独自の意見や、考え方があります。

つまり、類書と差別化されています。


そして読者ニーズ、著者の強み、類書との差別化、の三要素がある本は、売れる本になるのです。

さらに言えば、そうやって出した本から、ビジネスが育ってくる可能性も高いです。

上記の三要素は、企業の戦略においても基本的な要素だからです。

それが満たされているということは、企業間の競争においても勝てる可能性が高いという事。

加えて、本をだしたことによる著者のブランディグ効果、集客効果が加わります。

そもそも「本当に気にかけていること」がテーマなのですから、「やりたいことが仕事になる」

という側面も生まれてきます。


このように、

「やむにやまれず、どうしても言わなければ気が済まないこと」

で出版企画を考える、商業出版で本を出す、ということは、

あなたにとって大きなメリットがあるのですね。


いかがでしょうか?

もし、「それが見つからない」という人がいたら、

それを引き出すお手伝いができますので、ぜひご相談くださいね。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop