HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > いなければ始まらない「読者ターゲット」 > あなたのコンテンツが劇的に変わる、たった1つの"発想の転換"とは?

出版ノウハウ無料公開ブログ

あなたのコンテンツが劇的に変わる、たった1つの"発想の転換"とは?

2018/07/05

こんにちは、保護ねこ8匹と暮らす出版コンサルタント、樺木宏です。

さて残念なことに、商業出版では「良い本なのに売れない」ということがよくあります。


そして、その原因も分かっています。

それは、「読者への配慮が足りなかった」ということです。


例えば、デザイン。

画面上ではカッコいいデザインだったとしても、書店で似たような本の中に埋もれたとき、

読者が見つけやすいデザインだったでしょうか?


例えば、タイトル。

読んで見ればとてもいい内容だったとしても、それがタイトルを見ただけでありありと

思い浮かんでくる、情動を呼び起こすものになっていたでしょうか?


例えば、目次構成。

スッキリとうまくまとまった、と喜んでいても、それは知識ゼロの素人から見て、

次のページをめくる意欲をかき立てるものだったでしょうか?


例えば、共感性。

読者が読み終わったとき、「知識自慢でうんざりした」と思われずに、

「著者の考え方に共感した!」と感じられるものだったでしょうか?


いい内容なのに売れない本は、こうした「読者への配慮」が足りないか、

あるいは全く無かった本であることが多いのです。


ちなみに、私たちは全員、こうした要素を全く満たさない本をよく知っています。

それは「学校の教科書」です。

入念に準備し、整理し、吟味され、作った人たちは大変苦労をされたことでしょう。

しかし、読者(学生)の意欲はおいてけぼり。

だから、日本人なら全員が何冊も読んでいながら、「次のページをめくりたい!」とは、

ほとんどの人が思わないのです。


ではどうするか?

必要なのは、多くの場合は発想の転換です。

あなたの本が売れるかどうかは、

「結局、読者がどう認知するかがすべて」

ということ。

この当たり前のことを、どれだけ腹落ちして納得できるか、なのです。

言い換えれば、「主導権が著者側に無い」事に、気づくことができるかどうか、

といえるでしょう。


この発想の転換ができれば、本の全てが変わります。

コンセプトが変わり、タイトルが変わり、構成が変わります。

それはすなわち、「より売れる本への変化」なのです。


あなたがこれから出す本の、ご参考になれば幸いです。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop