HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > いなければ始まらない「読者ターゲット」 > 読者の気持ちが分からなくても、仕方がない!?

出版ノウハウ無料公開ブログ

読者の気持ちが分からなくても、仕方がない!?

2018/05/10

こんにちは、保護ねこ8匹と暮らす出版コンサルタント、樺木宏です。

さて、商業出版の著者とは、知識や経験があり、読者に語る資格がある人。

だからこそ、大きなハンディを負ってしまっていることを、知っていますか?


それは、

「それを知らない状態がどういうものが、全く分からなくなってしまうこと」

です。


あなたも仕事をしているとき、誰かに対して、

「なんだ、こんなことも分からないのか」

と、思ったことがあるでしょう。


多くの知識を得つづけ、経験を積み重ね続けてきたからこそ、

「それが自分に無かったときの事」を、思いだせなくなってしまうのですね。

これは脳の機能としてある程度仕方がないことで、

海外では「知の呪縛」という名前を付けてる人までいます。


ただ、普通に自分の仕事をしている分にはあまり問題無いのですが、

それを人に教えようと思うと、これが結構問題になってきます。

ましてや、それを文字にして書籍にしようとすると、かなり大きなハンディです。


なにしろ、

読者の気持ちが分からなくなり、そしてそのこと自体にも気づけなくなるのですから、

当然伝えることに意識がいかず、記憶に残らない。影響を与えられない。

となってしまいます。

これでは、商業出版では企画も通りませんし、仮に本が出ても売れません。

こうした事態は避けたいですね。

ではどうすればよいのか?

「もう一度、分からなかった時の気持ちをインプットする」

ことです。

自分の中から無くなってしまっているのですから、

新しく学ぶほかはありません。


ここでありがちなのが、

「自分はこの分野のプロだから、素人の気持ちだって分かる」

と勘違いしてしまうこと。

そうなると、企画もその勘違いが反映されたものになってしまいます。


レベルが高すぎたり、表現が分かりにくかったり、伝える工夫が弱かったり、

要するに売れない出版企画というものの原因の多くが、この勘違いにあるのですね。


逆に言えば、

「自分が分かっていないことを、知っている」

だけで、あなたは著者として大きなアドバンテージを得られます。

読者が目を輝かせて、「これは私のための本だ!」と言って、レジに持っていってくれる、

そんな本を、書ける可能性が飛躍的にアップするのです。


だから私のような、

「今、どんなことに人は悩んでいるのか?」

ということをリサーチし続けている人間が、あなたの商業出版のお役にたてるのですね。


いかがでしょうか?

読者の気持ちが分からないのは、プロなら仕方がないこと。

それを知り、さらに良い本を世に送りだしていきましょう。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop