HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > あなたも出版できる!心構え編 > "書きたいこと"でなければ、うまく行かない理由とは?

出版ノウハウ無料公開ブログ

"書きたいこと"でなければ、うまく行かない理由とは?

2018/01/18

こんにちは、樺木宏です。

今年は、著者としてのあなたとってどんな年になりそうでしょうか?

「今年こそは本を出したい」

「今年はもっと売れる本を出したい」

など、さまざまな想いをもっていることと思います。


今年は、そうした想いの「温度」を、そのまま企画にぶつけて欲しいです。

なぜなら、それが今後の出版に必要不可欠なことだと思うからです。


昨今はマーケティングがとても重視されています。

過去の売れ行きをPOSデータで調べ、そのテーマがどれくらい売れているか、

その著者が過去どれくらい売れた本を書いたか、などがとても重視されます。

それは確かに説得力がありますし、売れるかどうか不安な中で、頼れるものなのは間違いないでしょう。


しかし、皆がそれをやっていると、似たような本ばかりが書店に並ぶことになってしまいます。

著者の側は、そうした考え方の「後追い」をしない方がよいでしょう。

あなたの本が「どこかでみたことのある」陳腐なものであれば、

あなたのブランディグ自体も陳腐なものになってしましますし、

出版社の方が情報量が多いわけですから、同じようなことをしていても始まりません。


だから、「書きたい」というエネルギーがあるところで書く。

それが今の時代、著者側がとれる最善の戦略だと思います。


ただ、「書きたいことを書く」とうのはあたり前のようですが、

実は商業出版ではけっこう難しいことです。

ただ書きたいことだけでは、今あまり売れていないテーマや、

読者が少なそうに見えてしまうことも多いからです。


だからその分、「深く刺す」ことが大切。

深く刺せれば、その向こうに思いがけないほど多くの読者がいるもの。

一見間口は狭そうに見えても売れる本というのは、奥行があるのですね。

そこを見据えつつ、「書きたいことを書く」。

それが今後の出版に必要不可欠なことだと思います。


今年のあなたの商業出版の、ご参考になれば幸いです。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop