HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > あなたも出版できる!心構え編 > 商業出版は北風ではなく、太陽になればうまくいく

出版ノウハウ無料公開ブログ

商業出版は北風ではなく、太陽になればうまくいく

2018/05/31

こんにちは、保護ねこ8匹と暮らす出版コンサルタント、樺木宏です。


さて、著者をめざす人、本を出し続けている人は、何かの分野で高度な知識をもったプロでしょう。

そして世の中の問題解決のため、「教えてあげよう」というのが、執筆動機の1つだと思います。


もちろん、それは素晴らしいことです。

ただそこには落とし穴が。


つい「間違いを正そう」となって、

「それはダメ、あれもダメ」のようになってしまいがちなのですね。

しかし実は、商業出版ではこうした「上から目線」はデメリットが非常に大きいです。


というのも、いまの時代、読者はお説教はあまり聞きたく無いから。

上から目線で説教されても、「ついていこう」とはなりずらいのです。

これは学生や若手社員などについては良く言われることですが、

ベテラン社会人だって同じなのです。


ではどうするか?ということですが、

「目線を下げて、寄り添って、認めて、応援する」ことです。

そうすれば、心を開いて読む気になりますし、

それを教えてくれた著者に好感も持ちやすくなるでしょう。


言い換えれば、

著者は、「上から目線=北風」ではなく、

「寄り添って肯定=太陽」になろう、ということです。

そうすれば多くの人があなたの本を読み、感謝し、

さらなる関係性が生まれるきっかけにもなるでしょう。


とは言え、頭では分かっていても、いざ自分が書くとなると、

これはなかなか難しいこと。

人は自分が上達すると、「分からなかった時のことが、分からなくなる」生き物。

これはどれだけ優秀な人でも例外ではありませんし、

むしろ優秀であればあるほど、初心者の気持ちが分からなくなってしまうものです。


だから、本を書こうというほどのプロであるレベルのあなたは、

心して「太陽になろう」と決意することが必要。

そしてそれをチェックしてくれる、私のような伴走者の意義も、ここにあるのですね。

あなたの高度な専門知識に、こうした商業出版のノウハウが加われば、

鬼に金棒と言えるでしょう。


あなたがなるべきは、北風の著者ではなく、太陽のような著者。

ご参考になれば幸いです。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop