HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > あなたも出版できる!心構え編 > "企画を考えるストレス"は友だちです

出版ノウハウ無料公開ブログ

"企画を考えるストレス"は友だちです

2018/07/12

こんにちは、保護ねこ8匹と暮らす出版コンサルタント、樺木宏です。


出版企画を考えるというのは、ストレスが伴いますね。

特に「モヤモヤ」している時は辛いですから、一刻もはやく逃れたいもの。


なので多くの人がどうするかというと、

「最初に思いついた案に飛びつき、それにしがみつく」

ことになります。

ストレスから逃れたいのは本能なので、そうなるほうが自然なのです。


しかしこと商業出版で著者になろうとする場合は、

その本能はマイナスに働きます。

・もっとよいテーマ(読者の悩み)があるのに、それを選べない

・もっと独創的なノウハウ(著者の解決策)があるのに、平凡な内容で終わってしまう

という、デメリットに陥りがちなのです。

そうなると出来上がるのが、読者をほとんど意識していない企画や、

類書のほぼコピーといった「浅い企画」なのですね。

そうならない為にも、必要なのは、

「モヤモヤした状態」に留まり、ストレスに慣れてしまうこと。

迷うストレスは、敵ではなく味方です。


かのエジソンも、

「1%のひらめきがなければ、99%の努力はムダになる」

と言っています。

このことを私たちに当てはめれば、

「企画のコンセプト、切り口、想定読者などに"ひらめき"が無い状態では、

いくら出版企画書を書いても、そのほとんどの努力はムダになる」

ということなのですね。


そう考えますと、

「モヤモヤと迷うことは将来への投資」

だといえるでしょう。

投資なのですから、ピカッとひらめくまで、ここはじっくりと腰を据えて、

時間をかけて「迷い」に親しみたいものですね。


あなたの企画力がさらにより良いものになるための、ご参考になれば幸いです。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop