HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > 不安が消える、知識武装編 > 本を出す為の、2つのアプローチ方法とは?

出版ノウハウ無料公開ブログ

本を出す為の、2つのアプローチ方法とは?

2018/03/15


こんにちは、保護ねこ8匹と暮らす出版コンサルタント、樺木宏です。


本を出したいときに、2つのアプローチ方法があることを知っていますか?

1つは、著者が書きたいことを書く、という方法。

もう1つは、読者が読みたいことを書く、という方法です。


なぜこの話をするかというと、これを知っていると、

まだ本を出していない人は、初めての出版がグッと現実的になり、

もうすでに本を出している人は、本を出し続けることができるからです。


例えば、出版社からオファーが来て、本を書いた場合。

よほどその人にファンが多いなどの「販売力」が無い場合、

本が売れなくなった時点で、次の本を出すことは出来なくなります。


それはなぜかといえば、その人の書きたいことが、

「たまたま読者が読みたいことと一致していた」

「だから書きたいこを書くだけでうまくいった」

ということだから。

それを編集者が目ざとく見つけ、出版をオファーしてきた、というのが、

ことの全容なのです。


今の時代、流行の移り変わりも早いですから、あっという間に陳腐化してしまうのは

避けられません。

そうなると、売れなくなりますから、オファーも来なくなるのです。


では、どうすればよいのか?

それは、

「読者の側に、本の内容を合わせていく」

ということになります。

それはある意味、自分の書きたいことをガマンする。

ということでもあります。

また、既存の知識だけでは不十分で、新たなインプットも必要になります。

そうでないと、「こじつけ」のような本なってしまうからです。

そして大事なことは、「書きたいこと書く」とは、

全く方法論が逆なこと。

そういう意味では、著者としての成功体験が、むしろ邪魔をするかも知れません。


だから、口で言うのは簡単ですが、実行するとなるとかなり難しい。

しかしだからこそ、著者という希少性のある存在になれるし、

本を出し続けて、ブランド力を高めることもできるのです。


いかがでしょうか?

本を出す為の2つのアプローチ。

ご参考になれば幸いです。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop