HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > 不安が消える、知識武装編 > 年をとればとるほど、著者としては強くなる

出版ノウハウ無料公開ブログ

年をとればとるほど、著者としては強くなる

2017/09/07

こんにちは、樺木宏です。


早く本を出したい、というのはよく聞く話ですね。

同年代のライバルが商業出版で本をだしていると、焦る気持ちもわからないではありません。


しかし、本を出すのに、焦る必要は全くありません。

なぜなら、年をとればとるほど、"良い本"が書けることは、脳のしくみからも明らかだからです。


よく脳は若い頃に完成して、あとは神経細胞が減っていくだけ、というような俗説を聞きますが、

それは完全に間違い。

脳の神経細胞は、再生して増えるものもあるのです。


さらには脳は、30過ぎてから「つながりを発見する能力」が飛躍的に伸びます。

一見なんの関係ない物事同士を、つなげる力です。

脳の中で、すでに構築したネットワークをどんどん密にしていくということでもあります。


そしてそのことは、商業出版に欠かせない「アイデアの発想」や、

実生活に結びついた「論理的思考」に、直結しているのですね。


だから著者としての力量は、30歳を超えてから伸び始める。

さらに言えば、その後年をとればとるほど、能力が増していくのです。


例えば、「オヤジギャグ」という言葉がありますね。

これは中年になると物事のつながりに気づきやすくなり、

その気づきの嬉しさのあまり、そのまま口に出してしまう、

という脳の働きでしょう。


もちろん、あなたにはギャグを口にする前に、一呼吸おいて、

客観的に面白いかどうかをチェックして欲しいところですが・・・


ともあれ、著者になるのに"遅い"ということはあり得ません。

むしろ、優れた脳の働きと、積み重ねた経験の力を活かして、

満を持して「良い本」がつくりやすくなるのですから。


年をとればとるほど、著者としては強くなる。

納得のいく本が、商業出版で出せるようになる。

ご参考になれば幸いです。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop