HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > 不安が消える、知識武装編 > 過去のノウハウ分析は"ほどほど"でよい理由

出版ノウハウ無料公開ブログ

過去のノウハウ分析は"ほどほど"でよい理由

2017/10/19

こんにちは、樺木宏です。

さて、出版ノウハウをお伝えし続けて久しいこのメールマガジンですが、

「こうすれば絶対上手くいく!」

という内容は、あまりお伝えしないようにしています。

なぜかと言うと、

「実は、文章化できることは少ない」からです。


いいかえると、すでに出ている本がなぜ売れたのか、といった検証はある程度ロジカルにできるのですが、

新しい企画を考える、という「仮説立案や課題発見」は、ある意味アートです。

そこで過去の本から得られた分析結果をお伝えしても、それとこれとは話が別、ということで、

あまり機能しないことも多いのですね。


すでに起ったことを説明できる能力はもちろん大切ですが、もっと大事なのは、

これから考えるあなたの企画を、いかにより良いものにするか。


もちろん、必要最低限知っておくべきノウハウは、確かにあります。

でもあまりそれにこだわりすぎても、かえって柔軟な企画考案の足をひっぱることもありますから、

「ほどほど」が一番。

企画を考案し、本を出していくことはまさに温故知新。

昔の本の知識を活かしながらも、そこから新しい知識・売れる企画を見いだしていきたいですね。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop