HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > 不安が消える、知識武装編 > ノウハウに"共感"を加えれば、鬼に金棒です

出版ノウハウ無料公開ブログ

ノウハウに"共感"を加えれば、鬼に金棒です

2018/02/08

こんにちは、樺木宏です。

さて、本を出そうという人は、優秀なビジネスパーソンである人が多いです。

自分の実績やノウハウに自負がありますから、

本を出そうとなると、それを強調しがち。


でも、ちょっと待って下さい。

それだけだと、とても勿体ないのです。


なぜなら人は、

「何を言っているかよりも、誰が言っているか」

を重要視するものだからです。


いかにすごい実績やノウハウをもった人といえど、

それをストレートに出すだけでは、さほどのインパクトは与えられません。


ではどうするか?

そこで、「共感」です。

「この人は、こういう人だったんだ」と知ってもらうのはもちろんのこと。

さらには、

「こんな人の書くことだったら、ぜひ読んで見たい」

という印象を与えたいのです。


それが出来れば、好意的に、かつ真剣に読んでくれる人が増えます。

それが立ち読み中であれば、本を買ってくれるでしょうし、

買って読んでいるのであれば、Webで検索してさらに情報収集をしてくれるでしょう。


そのためにも、単にノウハウを伝えるだけでは不十分で、

いかにあなたの人柄や、考え方を、伝えていくかが大切です。


具体的には、

「自分」を主語にした「想い」の部分を本文に織りこみつつ、

失敗エピソードなども交えていくのも、常套手段です。


そしてなによりも、

「読者を応援する気持ち」

が行間からにじみ出てくることが、最重要ですね。

それは「執筆動機」で決まってしまう部分でもあるので、

なかなか付け焼き刃では難しいですから、

企画を考える一番最初の段階で、じっくりと検討したいもの。


自分に自信がある人ほど、ちょっと立ち止まってみることで、

著者としても成功する確率がグッとアップしますよ。


ご参考になれば幸いです。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop