HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > 不安が消える、知識武装編 > 当たり前だけどなかなか気づかない、ベストセラー著者になるコツ

出版ノウハウ無料公開ブログ

当たり前だけどなかなか気づかない、ベストセラー著者になるコツ

2018/11/08

こんにちは、保護ねこ9匹と暮らす出版コンサルタントの、樺木宏です。

さて、この記事を読んで頂いているあなたは、

熱心に商業出版のノウハウを学んでいる方でしょう。

それは、とても素晴らしいことだと思います。


が、しかし。

それだけでは、不十分なんですね。

「えっ、じゃあなんでこんな記事書いているの?」

というツッコミがのどまで出かかったかたも、そうでないかたも、

私の体験談を聞いてみてください。


私は数年前に、「ねこ」をテーマにした自己啓発書を書きました。

幸い、関係各位の方々のご助力もあり、8万部のベストセラーとなりました。

そのとき、私は思ったものです。

「出版のノウハウがあってよかった」と。


でもそのあと出した2冊目の本は、1冊目と違って、売れませんでした。

そして、実感したんですね。

出版ノウハウがあるからベストセラーになったのではなく、

それを「ちゃんと使った」から、ベストセラーになったのだということに。


あとになって考えてみれば、2冊目の本は、1冊目と比べて、

出版ノウハウを「使う」時間が短かったです。

決して手を抜いたわけではありません。

むしろ以前よりも、時間はかけていました。

にもかかわらず、さまざまなノウハウがあり、頭ではわかっていながらも、

それという自覚もないままに、「これで十分だろう」となっていたのです。


つまり、

「知識は簡単に感情に負ける」

ということです。

知識だけは不十分、というのは、こういうことなのですね。

そしてここに、なかなか気づかない「ベストセラー著者になるコツ」もあります。


これを知っていると、ポテンシャルを生かし続けることができます。

出版ノウハウだけがいくらあっても、感情がそれを邪魔します。

そして人間は、感情の生き物。


だから、自信があるときこそ、

「もっとこう考えてみたらどうか?」

というクセをつけておくことです。

「いい企画が思いついた!」とか、

「このアイデアなら売れる!」とか、

自信があるときほど、落とし穴が見えないもの。

そんなときは、ぜひ今回の記事を思い出し、

軽々と穴を飛び越えていきましょう。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop