HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > 不安が消える、知識武装編 > "商業出版のハードルは高い"というのは誤解だった!?

出版ノウハウ無料公開ブログ

"商業出版のハードルは高い"というのは誤解だった!?

2018/11/29

こんにちは、保護ねこ9匹と暮らす出版コンサルタントの、樺木宏です。


さて、商業出版というと、一般には、

「ハードルが高い」

というイメージがありますね。


確かに出版社が、一般の持ち込みの企画を採用する確率は、

一説には1000分の1、などともいわれていて、

ハードルが高い、という印象を持つのも無理のないことかもしれません。


でももし、あなたの回りに本を出した人がいたなら、

「いや、それほどでもなかったよ」

という人もきっといるはずです。


同じ商業出版なのに、こうした印象の違いは、どこから来るのでしょうか?


ここで、ウォーレン・バフェットの言葉をご紹介しましょう。


「成功は、飛び越えられるであろう30センチのハードルを探すことに精を傾けたからであり、

2メートルのハードルをクリアできる能力があったということではないのです。」

ご存知のようにバフェットは株式投資の伝説的な成功者であり、世界有数の億万長者。

この言葉は投資について語られた言葉なのですが、商業出版においても、完全に当てはまります。

つまり、出版に成功した人は、

「自分が本を一番出しやすい、一番低いハードルを見つけることができた人」

なのです。

決して、もっとも高いハードルを飛び越えた人ではないのですね。


そう考えると、これから本を出そうという人も、

「自分にもできそうな気がしてきた!」

と感じはじめたのではないでしょうか。


あなたにとって、一番本が出しやすく、ハードルの低いテーマとは何か?

その問いを持ち続けていれば、アンテナが自然と立ってきます。

書店で本を眺めていても、潜在意識が勝手に働いて、

あるときふと「ヒラメキ」という形で、問いの答えが浮かんでくるでしょう。


そう考えれば、商業出版できるかどうかというのは、基本的には時間の問題で、

あとは一気に集中して「ハードルの低いテーマを探す」か、

「浮かんでくるまで待つか」の違いしかない、

とも言えるのですね。


いかがでしょうか?

むやみやたらと、商業出版のハードルを高く考える必要はありません。

無理せずとも、「自分にもできそう」と思えるテーマ。

ぜひ探してみてください。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop