HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > 不安が消える、知識武装編 > 商業出版は"合理的な方法"から入ってはいけない!?

出版ノウハウ無料公開ブログ

商業出版は"合理的な方法"から入ってはいけない!?

2019/02/27

こんにちは、保護ねこ9匹と暮らす出版コンサルタントの、樺木宏です。

世の中には、本を出す為のノウハウが溢れています。

情報がありまっている昨今、Webで検索すれば、そうした情報が多くヒットするでしょう。

しかしそこには大きな落とし穴があることをご存知でしょうか?


それは、「具体的方法から入ってしまうことの危険」です。


極論してしまえば、本を出す方法自体は、それほど複雑なものではありません。

今売れている本を調べ、それと差別化すれば、

商業出版で本を出す事は可能です。

だからそうした情報を元に、書店で売れ筋の本を調べ、読者に新しい切り口を出せないか考える。

そのこと自体は、問題ありません。

むしろ、合理的なやり方だと言えるでしょう。


しかし問題なのは、

「そうやって方法から入ってしまうと、あなたらしさが置き去りになってしまいがち」

ということなのです。


たとえば、もし仮にそれで「うまい」切り口が見つかったとしましょう。

しかしそういうやり方で企画を考えている人は、大勢いますから、

あなたの企画も「似たような企画の1つ」になってしまう可能性は大でしょう。

そうなると、あなたも「売れ筋のテーマのその他大勢のひとり」になってしまいがちです。

また、これは実際に経験するとわかることですが、

「うまいやり方」であることと、あなたの「エネルギーが湧いてくる」こととは、

まったく関係がありません。

むしろ、うまくやれるが好きではない、という切り口をもとに企画を考えてしまうと、

あなたのエネルギーは枯渇していってしまいます。

それはあなたの思い入れや熱い思い、義憤、問題提起といった、

「源泉」

とつながっていないのですから、当然とえば当然なのですね。

そういう想いで作った本が、人の心を打ったり、深く刺さるということは、

残念ながらないでしょう。


こうして見てくると、1つ1つのやり方は合理的なのに、

結果として、

「その他大勢のひとり」になってしまったり、

「やる気がでない」から人の心に刺さる本にならない、要するに売れない、

ということが起きてしまいがちなのです。

これが、「具体的方法から入ってしまうことの危険」なのですね。


いいかえれば、細かい知識は集めることができても、

「文脈がない」

ということでしょう。


今の時代、大事なのは知識そのものよりも、

「どのような心構えで、その知識を用いるか」

「どのように連動させて、考えるか」

という、文脈の方なのです。


だから本を出したい、売れる本を作りたい、本を出し続けたい、

という人は、知識を増やすことよりもまず、

「自分の思い入れを大事にしよう」

「自分のやる気が削がれるような要素は排除しよう」

と決めることのほうが大切。


そして本の内容自体も、単なる知識の羅列ではなく、

そうした「文脈」を伝えるものにしていきたいですね。

そこにまた、情報洪水時代の書籍の大事さもあると思います。


あなたの著者ブランディングの、ご参考になれば幸いです。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop