HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > その他の出版ノウハウ > 商業出版の"伝える"テクニックとは?(その1)

出版ノウハウ無料公開ブログ

商業出版の"伝える"テクニックとは?(その1)

2018/08/02

こんにちは、保護ねこ8匹と暮らす出版コンサルタント、樺木宏です。

さて、考えてみれば、商業出版ほど「伝えること」への要求が高いものはありません。

なにしろ、あたり前の事を言っていても企画が通りませんから、

「目新しくて」「あっと驚く意外性があって」「しかも納得できて分かりやすい」

ことが、同時に求められます。

ちょっとでも説得力が弱ければ、企画が通らないか、通っても売れない本になり、

酷ければamazonレビューで酷評されたりもします。


そんな「要求度が高い」商業出版ですから、とても役立つ「伝え方」のノウハウがしっかりとあります。

それは出版のみならず、セミナーやプレゼンテーションの場面、あるいは日頃のコミュニケーションでも役立つしろもの。

身に着けておけば「話しが分かりやすい!」と言ってもらえること請け合いなのです。

もちろん、本を書こう、あるいは書き続けようという人は、必ず押さえておきたいノウハウです。

その1つが、「結論と結論の間に、理由と事例をサンドイッチのように挟む」というテクニック。

つまり、

「結論→理由→事例→結論」

という伝え方の「型」です。


これはとてもシンプルですが、非常に効果的で、応用範囲が広いもの。

なぜなら、まず最初に結論がくることで、聞き手は、

「これからどんな話が始まるのか」

という心の準備ができるからです。

聞き手の気持ちはスッキリとして、頭はこれから聞く話に準備が出来た状態。

これが分かりやすい伝え方の第一歩として、ベストな状態なのですね。


逆に言えば、いつまでも結論が分からないと、

「要するに何を言いたいわけ!?」となってしまい、とてもストレスがたまってしまいます。

そうなってしまうと、本なら途中で読むのをやめてしまうでしょうし、

プレゼンなら聞き流され、コミュニケーションもギクシャクしてしまうでしょう。


そうならない為にも、

「最初に結論を言う」こと。

これを心がけるだけで、

聞き手のストレスを消し、ベストな状態に持っていけます。

お手軽で、とても効果的なので、ぜひ日常でも使って、体得してくださいね。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop