HOME > プロフィール > 樺木宏へのQ&A

プロフィール

樺木宏へのQ&A

なぜ、出版で人生のギアを一段上げる、なのですか?

それが、私に相談される方が最も望んでいることだからです。
本人も気づいていないことがありますが、本を出したい方が望んでいるのは、
本を出すこと自体ではありません。
欲しいのは、本を出す事で知名度が上がったり、ファンが増えたり、集客がうまく行くようになる、といったことなのです。

さらに言えば、ビジネスが成長することで、精神的、経済的自由を獲得することが目的なのですね。
それが、人生のギアが一段上がる、という事です。
出版はその為の手段であり、目的では無いと考えていますので、
そこを取り違えないよう「人生のギアを一段上げる」と宣言しています。

その為にどのようなことをされていますか?

出版が必ずクライアントのビジネスに好影響があるよう、設計しています。
本を出したあとの販売促進や、ビジネスに読者を導くしくみの構築は必ず行います。
ですので、商業出版の支援に特化しており、自費出版の支援は基本的にお受けしていません。
また、テーマ選びに関しても、中長期の視野にたち、ビジネスに好影響が無いと思えば採用しません。
世の中には残念ながら、不本意なテーマで出版してしまい、その後マイナスに働くことがあります。そうしたことが無いよう、慎重に設計していきます。

他に心掛けている事はありますか?

クライアントの支援は、360°戦略で考えています。
360°戦略とは、その人のブランドを高めるために必要な全ての支援をします、ということです。
例えば、セミナー講師としての話し方やコンテンツづくり、集客の方法。
ラジオ出演、雑誌寄稿、プレスリリースなどの他メディアへの斡旋。
あるいは、名刺からホームページまで、ビジネスツールの制作支援。
そしてビジネスに決定的に重要な人脈構築支援まで、トータルに行っています。
逆に言えば商業出版はそれらの選択肢の1つに過ぎない、とも言えますね。

最後にひと言お願いします

今後は、日本人の働き方も大きく変わります。
今の子どもの6割は、いまだ存在しない職業に就くことになる、とも言われていますし、
現在常識として根強い"一生同じ会社に勤めること"も、いずれ昔話になるでしょう。
グローバル化の進展と、テクノロジーの進化を考えれば、
かつて産業機械に職人が取って代わられたように、コンピューターに知的生産が取って
代わられる時代は、間違いなく来るのです。
その時代に生き残れるのは、自らのブランドを築いた人。
そのための今の最善の選択肢は、商業出版で本を出し、自らをブランディングすること
だと考えています。
それが、私が商業出版の出版支援をする理由です。
私も、多くの成功者を支援することで、私自身も成功したいと考えています。
こうした考えに共感して頂けるかたの、ご相談をお待ちしております。

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
PageTop