HOME > 支援サービスのご案内 > 出版支援基本サービス

支援サービスのご案内

出版支援基本サービス

photo02.jpg1年間、企画の改善アドバイス、出版社への提案代行、出版決定後のフォローまで行うサービスです。

あなたの出版企画を診断し、メールにて改善の為の添削指導をいたします。回数に制限はありません。年間30冊ペースで出版を決めているノウハウを元に、懇切丁寧かつ忌憚の無いアドバイスをいたします。どのようなクオリティであっても、真摯に著者を目指すお気持ちがあればお断りする事はありませんが、出版社に通過するレベルになるまでブラッシュアップを継続しますので、出版社への提案時期は当方にお任せ頂く形になります。

企画作成後は、代表の樺木が出版社に出向き、直接提案します。出版社は本のジャンルにより得意不得意があり、企画の判断基準も編集者によって様々です。著者が直接、やみくもに提案しては時間と労力がかかり、精神的にも疲弊してしまいます。そこで弊社では、出版社に効率よく、かつあなたのビジネスとの相乗効果まで視野に入れたマッチングを行います。

提案先出版社については、アプローチ可能な出版社をご覧下さい。

もちろん、出版決定後もサポートいたします。出版社との打ち合わせ、執筆の支援、販促に至るまでカバーしておりますので、ご安心下さい。あなたのビジネスにメリットをもたらす支援を、惜しみなくご提供いたします。

bt03.jpg

いつ費用がかかるのか?

初回お申し込み時に、1年間のサポート費用を頂戴します。
また、出版が決定した際と実際に発行された後に、別途報酬を頂きます。

具体的に費用はいくら?

年間サポート費用は20万円です。
出版決定時の成功報酬は10万円、発売後の報酬は印税4%をシェアさせて頂きます※。

電話でお話させて頂くことはできないのでしょうか?

支援をお受けするかどうか、初回に約1時間、お目にかかり面談させていただいています。その際、かなりの情報提供と、出版テーマについても打ち合せをさせて頂きます。それ以降は全てメールでのやり取りとなります。なおオプションで、個別面談サービスもご用意しております。

すでに企画書があるのですが?

現時点で出来ている企画書等を拝見して、商業出版の可能性を判断することも可能です。ただ、可能性をさらに高めるためのブラッシュアップが大切ですので、企画の切り口を柔軟に変更する、あるいは別テーマに変更する、といったご対応をお約束頂く事が必須となります。

出版が決まった場合、原稿は全て著者が書くのでしょうか?

基本的には、ご本人にお書き頂くことをお勧めしています。しかしご多忙の場合や、諸事情でお書きになれない場合は、ライターを起用し書いてもらうことも可能です。この場合は、弊社でライターを斡旋いたします。ご相談の上、費用別途になります。

 

※印税について

実際に本が発行された後、出版社から著者に支払われる印税のうち4%(定価×印刷部数の4%)を報酬として申し受けます。
重版がかかり増刷となった場合も同様です。
なお出版社から著者に支払われる印税は8〜10%前後が一般的です。(条件は各出版社により異なります)
2冊目以降のご著書については、弊社がお引き合わせした出版社で決まった場合のみ、上記に基づいた費用を頂きます。別の出版社から直接著者に声がかかった場合は、弊社への費用は発生しません。

※ 例)定価1,400円、初版6,000部で出版された場合

・あなたの印税収入=840,000円(内訳:1,400円×6,000部×印税10%)
・弊社の成功報酬=436,000円(内訳:成功報酬100,000円+印税4% 336,000円)

出版支援基本サービス

回数:メールにて回数無制限
期間:1年間
料金:200,000円

bt03.jpg

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
PageTop