HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > 成功した著者は必ずやっている「著者マーケティング」 > 手っ取り早く本を出すと、上手くいかない理由とは?

出版ノウハウ無料公開ブログ

手っ取り早く本を出すと、上手くいかない理由とは?

2018/05/24

こんにちは、保護ねこ8匹と暮らす出版コンサルタント、樺木宏です。


さて、本を出したいときに、最も手っ取り早い方法をご存知でしょうか?

それは、

「今、これが流行っている」

に乗っかることです。


というのも、売れる本には、

「流行、テーマ、著者戦略」という3つの階層があり、

即効性の面から見れば、

「流行 > テーマ > 著者戦略」

の順に、即効性があるからなのです。


だから、本を出したいときに一番手っ取り早いのは、

「流行」に乗っかること。

世の中がその情報を求めているのですから、

その前に本を置いてあげれば、買ってもらえます。

次に本を出しやすい方法は、

「売れている本が多いテーマで書く」ことです。

売れている本が多いということは、そのテーマで悩んでいる読者が多いということ。

ライバルも多いですが、確実に読者のニーズがあるのですから、あとは差別化次第。

そこをしっかり考えれば、出版できる可能性はグッと上がります。

ここまで、「本を出しやすい方法」を「即効性のある順番」

でお伝えしてきたわけですが、

実は私は決して、こういう順番ではお勧めしません。


なぜなら、「即効性」の高い方法は、「継続」が難しいという弱点があるからです。


たとえば「流行」に乗っかただけだと、それが去ってしまった時に、

全く本が出せなくなります。

いわゆる、過去に本を出した事がある(が、今は出せない)人、

になってしまいがちなのですね。

かといって流行を追い続けても、何の専門家が分からなくなってしまうのがオチ。

「流行だけを追いかけてきた人」というのは、言い換えればポリシーの無い人。

それは出してきた本をみれば分かってしまうのです。

そうなると、メディアからもクライアントからも、いずれ選ばれなくなってきます。


あるいは「売れているテーマ」でも、本を出し続けるのは結構大変です。

ライバルの新人著者が次々と表れてきますから、

ノウハウや経験をアップデートし続けていないと、

意外と早く陳腐化してしまいます。

そうなるとやはり、本を出してくのは難しくなっていくでしょう。


では、どうすれば良いのか?

地味ですが、「著者戦略」を練ることです。

そもそも、流行が去っても、ライバルが飽和していても、

いつまでも有利なポジションを確保し続けるのが「戦略」というもの。


それは確かに即効性も無いし、最初は労力の割に合わない、という面もあります。

しかし、戦略があると無いとでは、

数年後に「過去の人」になっているか、

「ベテラン」になっているか、くらいの違いが出てきます。

ベテラン著者になれば、メディアへの露出が続き、人脈も広がり続け、ブランド力もキープされます。

「生涯著者価値」でいえば、圧倒的に後者の方が、費用対効果が高いのは明白ですね。


いかがでしょうか?

商業出版は、目先の安易さではなく、時間軸で考えたいですね。

あなたの著者人生の、ご参考になれば幸いです。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop