HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > あなたに隠された「著者の強み」に気づく > "本を書ける"だけではもったいない

出版ノウハウ無料公開ブログ

"本を書ける"だけではもったいない

2017/12/21

こんにちは、樺木宏です。

世の中に、「プロ」は大勢いますね。

というか、仕事をして働いている人は、全員がなんらかのプロです。

でも、その人の個性や特色を打ち出して、仕事をしている人は意外と少ないもの。


それが分かりやすく見えてくるのが、商業出版という舞台でしょう。

「どこかで見たことがあるような本」の企画は、よほど運が良くないと通りません。

逆に、その人ならではの個性や特色を打ち出した本は、世に出る可能性が高まります。

出版社に企画を通す、つまり出資してもらうというハードルがあるので、

その差が明確に見えてくるのが、商業出版であり、出版企画書なのです。


もう少し具体的に言えば、

業界のノウハウを丸暗記し、それに比喩を少々加えて味付けした程度では、

似たような本がいっぱいあるので埋もれます。


だからその人ならではの切り口や言葉を使って、

個性や特色を打ち出していくことの必要性を、最も痛感するのが商業出版。


そして、一方的に伝えるだけでなく、聞き手の感情、そして疑問や反論もまで予想しながら書く。

そうすることで、商業出版の舞台でも、著者という「プロ」として活躍できるのですね。


こうしたノウハウは、もちろん本業でもそのまま使えます。


だから本をしっかり考えて出せば、単に知名度がアップするだけではない、

ブランディグ効果を得ることができるでしょう。


これから本を出す人も、すでに本を出している人も、ただ書くだけでは勿体ない。

ぜひこの「一石二鳥」の効果で、あなたのビジネスを飛躍させてください。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop