HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > 出版社に採用される!出版企画力編 > "赤"ではなく"緑"の出版企画を考えよう

出版ノウハウ無料公開ブログ

"赤"ではなく"緑"の出版企画を考えよう

2017/11/09

こんにちは、樺木宏です。

世の中が"脳科学ブーム"と言われてしばらく経ちますね。

脳科学者や精神科医など、「脳」に詳しい著者さんたちの本が売れています。

中には人の感情や行動に大きな影響を与える脳内ホルモンを「光の三原色」に例える人もいて、

赤・・・快楽の脳内ホルモン ドーパミン
青・・・怒りの脳内ホルモン ノルアドレナリン
緑・・・幸せの脳内ホルモン セロトニン

の3つのバランスをとることが大事、とのこと。

とても分かりやすい例えだと思います。


さて、この考え方は、商業出版で企画を考案する上でも、役に立つと思います。

景気がいい時や、イノベーションが起こったとき、将来への期待感が大きい時期は、「快楽」の本が求められます。

だから「儲かる」「飛躍的に成長する」といった、

タイトルを見ただけで脳内にドーパミンが溢れるような、

快楽をくすぐる「赤」の企画を考案すればよいでしょう。


でも将来への希望がそれほど感じられない時期は、そうした本はあまり売れません。

そういう時は「等身大」あるいは「控えめな快楽」でアプローチするか、

あるいは「癒し」の方向でアプローチするのが良いでしょう。

つまり、「緑」のセロトニン的企画を、考案していったほうが良いのです。


企画を考える時は、どうしても「自分の考え方ありき」で切り口を決めてしまいがちですが、

こうした背景を踏まえて考案していくことで、売れる本になる可能性が高まります。


もしあなたが「赤」の本を書きたくても、ちょっと立ち止まって「緑」も書けないか考える。

ぜひ試してみて下さい。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop