HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > あなたも出版できる!心構え編 > "確信"できれば、出版は上手くいく

出版ノウハウ無料公開ブログ

"確信"できれば、出版は上手くいく

2017/09/14

こんにちは、樺木宏です。


商業出版で本を出すというと、「特別な人がすること」というイメージがありますね。

錚々たる有名著者を思い浮かべてしまって、

「こんなふうに言いきってしまってよいものか」

と、ためらう気持ちも生まれがちです。


でもそのように躊躇することは、商業出版ではデメリットしかありません。

というのも、それは「弱気」に見えてしまうから。

その弱気は出版社にも伝わりますから、編集者も及び腰になってしまいます。

そういう意味で、商業出版の著者は、謙虚すぎると損をしますから、

「著者というキャラクターを演じる」

くらいのつもりで、ちょと違うテンションの方が上手くいくのです。


そうした心構えに加えて、じつは「姿勢」も大切です。

マドリッド自治州大学の心理学者ブリニョール博士らの研究によれば、

「背筋を伸ばした姿勢で書いた内容については、丸めた姿勢で書いた内容よりも、確信度が高い」

ということが分かっているそうです。

だから出版の企画を考えるとき、本を執筆するときは、

「姿勢を伸ばして書く」ことを心がけるだけで、内容もまた良くなってくるのですね。


いかがでしょうか?

ちょっとしたコツではありますが、心に作用することだけに、その効果は大きいですよ。

ぜひ試して見てください。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop