HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > あなたも出版できる!心構え編 > ビジネス書ブームが去っても、商業出版で本を出す方法とは?

出版ノウハウ無料公開ブログ

ビジネス書ブームが去っても、商業出版で本を出す方法とは?

2017/10/06

こんにちは、樺木宏です。

ビジネス書ブーム、という言葉をご存知でしょうか?

一説には、2000年〜2010年までの期間を、そう呼ぶそうです。

出版点数も売上も多く、ビジネス書でいわゆる「有名著者」を多く輩出した時代ですね。

業界の中では、近年ビジネス書も右肩下がりなことから、

「ビジネス書バブルが弾けた」という言いかたをする人もいるそうです。


ただ私は、そうした空気は、あまり新人著者には関係無いと思っています。

というのも、影響を受けているのは「多作」なビジネス著者がメインだからです。

それまで年に10冊も20冊も出していた方で、似たような内容の本を多数出していたようなケースでは、

かなり大きな影響を受けていると思います。

でも用意周到に準備して「渾身の1冊」を出す新人著者は、それほど大きな影響は無いのです。


もちろん、ハードルは上がっています。

出版社では、以前よりも企画が通りにくくなっているのは事実。

でも考えてみれば、その先の「読者の悩み」は依然として変わらずあるわけですから、

「売れない本」の企画は通りにくくなっても、

「売れる本」への需要は逆に増しているのですね。


時代と共に常に移り変わるそのニーズを読み取れば、チャンスは相変わらずあります。

しっかり企画力の「基本」を踏まえている人は、その変化についていけます。

アリとキリギリスではありませんが、コツコツと「企画力」を磨いてきた人には、

逆にチャンスの時代なのです。


なんとなく流されるのではなく、しっかり「企画」という軸をもって、引き続き本を出していきましょう!

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop