HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > あなたも出版できる!心構え編 > 商業出版は"著者モード"をつくればうまくいく

出版ノウハウ無料公開ブログ

商業出版は"著者モード"をつくればうまくいく

2017/12/14

こんにちは、樺木宏です。


何事も具体的方法の前に、心構えが大きく成功を左右するものですね。

そういう意味では、商業出版も同じ。

「確信」をもって書くことがとても大切です。


ただそこは、商業出版ならではのハードルが。

自分の名前で世に本を出すというと、「怖い」という感情が生まれてきます。

特に今はSNSが盛んですから、悪い口コミやネガティブレビューなども、

必要以上に恐れてしまいがち。


そうなると、思いきった主張が失われて、

「角のとれた丸い本」が出来上がってしまいます。

それだと似たような本がたくさんあったり、

著者の熱い思いが薄れてしまい、読者の心に刺さらない本になりがち。


また、想定読者を忘れてしまいがちでもあります。

同業他社やライバルが必要以上に気になってしまい、

「カッコつけよう」と専門用語をひけらかしたり、

回りくどい表現をつかったり、などと読者不在の行為に走りがちです。


つまり企画が通りにくいし、通っても売れない本になりがちなのですね。


だから、確信がとても大切。

使えるノウハウは何でも使って、

「自分はこの本を書くのにふさわしい著者だ」

というセルフイメージを作り上げましょう。

著者モードのときは、ちょっと人格が違う、くらいで丁度良いのです。


身近かな所で言うと、「姿勢」も大切です。

良い姿勢でいると、心理的に自信をもって判断しやすくなる、ということが分かっています。

だから、意識して背筋を伸ばして本を書く。

それだけでも、本の内容がひと味ちがってくるのですね。


ちょっとしたことから、ぜひ「著者モード」を作り上げましょう。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop