HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > ライバル著者に勝つ!「類書との差別化」 > 出版企画は"類書と差別化"すれば上手くいく

出版ノウハウ無料公開ブログ

出版企画は"類書と差別化"すれば上手くいく

2016/02/10

こんにちは、樺木宏です。

さて、出版社に企画が通るかどうかの最大のポイントは、

「類書との差別化できているかどうか」

だといっても過言ではないでしょう。

具体的には、

"今までの本とは違い、読者に新しいメリットを提供する本です"

ということですね。


なぜこれがそこまで大事かと言うと、世の中には、似たような本が溢れているからです。

いかにあなたのノウハウが確かなもので、それを求めている人が大勢いるとしても、

先に同じような本が沢山出ていたのでは、売れないですよね。


でも差別化は、難しいです。

売れている本は変わっていきますし、あなたの強みが何かで、

効果的なやり方が変わってしまうからです。


そこで必要なのは、まずはライバルを知ること。

あなたが書きたいテーマでは、過去どのような本が売れていて、今はどのような本が売れているのか。

おおまかな流れを掴みたいところです。

これらはamazonを調べれば大体つかむことができますし、

書店に通っていれば自然と分かる部分もあります。


また、ライバル達が何を書いているのか、その内容もチェックしたいところです。

そこにまだ書かれていないこと、あるいは書いてあるけどあなたの主張と違う、

ということであれば、そこが差別化ポイントになる可能性があるからです。


これらのように、「まずは敵を知ること」がとても大切ですね。

逆に言えば、自分の主張をそのまま書くだけでは、差別化にならないことの方が多い、

と知っておくだけでも、企画がどんどん良くなることと思います。

その感覚を自分の企画にも活かし、ぜひ"類書との差別化"をしてみて下さい。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop