HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > ライバル著者に勝つ!「類書との差別化」 > 新人著者の"差別化"を考える

出版ノウハウ無料公開ブログ

新人著者の"差別化"を考える

2016/03/02

こんにちは、樺木宏です。


さて、新人著者の出版企画には、類書との差別化が必要です。

差別化というのは、

「今までにない新しい読者メリットを約束すること」

ということです。


なぜなら、売れているテーマの本は、今までに似たような本が多く出版されているものだからです。

いかにあなたの出版企画が、多くの読者が求めているものであり、それを書くに相応しいノウハウや実績があったとしても、

同じような本が先に多数出版されてしまっていては、通るものも通りません。

なので、差別化が必要なのですね。


ここで気をつけたいのが、

「読者にとって」

という部分。

よくあるのが、「この企画はこの部分が違う!」といいつつも、

読者にあまり関係がない、というケース。

業界のプロにとってはとても大きな違いかも知れませんが、

お金を払って読むのは素人である読者ですから、レベル感がズレてしまうと商業出版としては差別化出来ていない、

となってしまうので注意です。


逆に言えば、読者目線で考えることが出来るなら、

「こういう本はもう沢山でているから、手に取らないだろう」

とか、

「今までの本ではこんな悩みは解消されていない。それを書いてあげよう」

とか、

「こういう主張の本が多いが、実際は逆の場合もあり、そういう本を求めている人も多いのでは?」

などなど、アイデアは浮かんでくるものです。

相手の気持ちになれれば上手くいく、というのは出版でも、人間関係でも同じのようですね。


いかがでしょうか?

出版企画を差別化する、というとなにやら難しそうですが、

ようはこういうこと、というイメージしていただければ嬉しいです。

その感覚を自分の企画にも活かし、よりエッジの効いた企画を考えて見て下さいね。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop