HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > ライバル著者に勝つ!「類書との差別化」 > あたりまえだけどなかなか出来ない"差別化"のコツ

出版ノウハウ無料公開ブログ

あたりまえだけどなかなか出来ない"差別化"のコツ

2017/07/06

こんにちは、樺木宏です。

さて、商業出版で著者になるためには、

1)過去に多く出版されているテーマの中から

2)あなたの実績を活かしつつ

3)似たような本と"差別化"する

の3つをクリアすればOKです。

実際私は、これらの条件を満たした企画なら、100%通してきました。


ただ頭では分かっていても、実際やるとなるとなかなか大変。

特に、3)の「似たような本と"差別化"する」は、

多くの人が知っているものの、なかなか苦労すると思います。


例えば、「類書を研究する」というのはその代表例。

似たような本と差別化するためには、その「似たような本」がどういうものなのか、

当然知っておく必要があります。

でもこれが結構難しい。


売れている本というのは、多くの場合が「素人」向けのもの。

でもあなたはその道の「プロ」ですから、正直そうした内容の本は「もう知っている」ので、

退屈してしまうでしょう。


また、売れている本を読むといっても、今のランキングだけでなく、

ある程度過去にさかのぼって傾向を知っておきたいものです。

そうなると、すでに知っている上に「旬を過ぎた」本を読むのは苦痛ですから、

敬遠してしまいがちなのですね。


このように、頭では分かっていても、実際はなかなか出来ないことがありますね。

こうした地道な部分を、どうやってクリアーするかが、

あなたの著者デビューを早くもすれば、遅くもするでしょう。


地道に出きる人はぜひがんばって欲しいですし、

「時間がないな」「時間短縮したいな」という人は、ご遠慮なく相談下さい。


あなたのブランド力を差別化する、ご参考になれば幸いです。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop