HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > ライバル著者に勝つ!「類書との差別化」 > "本を出版したことのある人"と"本当の著者"の違いとは?

出版ノウハウ無料公開ブログ

"本を出版したことのある人"と"本当の著者"の違いとは?

2017/11/16

こんにちは、樺木宏です。


「商業出版で、次の本がなかなか出せない」

というご相談を、よく受けます。


どんな内容にすれば、本を出し続けることができるのか。

それは時と場合によって変わってくるものですが、

ただ、1つ絶対に変わらない、確かなことがあります。

それは、

「そうやすやすと真似されない、自分ならでは切り口を持つ」

ということ。

言い換えれば商業出版とは、「模倣されない障壁をいかにつくるか」なのです。

これは当たり前のようでいて、なかなか出来ないこと。

かつ、著者としての将来を左右することなのに、意外とおろそかにされがちなことです。


例えばよくあるのが、「今こういう本が売れているから、似たような本をつくる」というケース。

確かにそれで本を出すことはできるかもしれませんが、

皆もまた真似してきます。

今はそれで本を出版できても、近い将来必ず埋もれます。


あるいは、その時々の流行りに乗りながら「切り口をちょっと変えて本を出し続ける」ケース。

それを続けてしまうと、「何の人だか分からなくなる」という落とし穴に落ちます。

いつのまにか、著者のブランディグという主旨からはズレてしまうのです。

出版社はこの手法で本を出すことが多いので、オファーをなんでも受けてしまう人は要注意です。


「過去に本を出版したことがあるが、今は商業出版で出せない人」は、最初からボタンを掛け違ってしまっているのですね。


そうならない為に大切なのは、最初から「模倣されない障壁をいかにつくるか」。

目先の「これを真似れば本が出せる」という誘惑をガマンしつつ、

そうやすやすとは真似されない「あなたならではのオリジナルの切り口」を見いだすこと。

これが出来れば、「本を出したことのある人」ではなく、「出し続けている著者」になれます。


目指すのは、著者としての長期利益。

そして持続性のある著者として、「あなたならではの本」を出し続けて欲しいと思います。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop