HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > 不安が消える、知識武装編 > 机の上では、いい企画は浮かばない!?

出版ノウハウ無料公開ブログ

机の上では、いい企画は浮かばない!?

2018/03/22

こんにちは、保護ねこ8匹と暮らす出版コンサルタント、樺木宏です。


さて、商業出版で本を出したい人なら、一生懸命考えるのが出版企画。

誰もが真剣ですが、うまくいく人と、いかない人がいるのも事実。

その差は、なぜついてしまうのか?


こう言うと、今の時代に合っているかどうかや、

そもそもの仕事と書籍との相性など、様々な要因を挙げることはできます。

ただ私は基本的に、

「誰もが1冊本を出すことができる」

と考えているので、こうした要因は枝葉であって、根元ではありません。


それ以前に、差がついてしまう根本的な要因は、

「本気が出せているかどうか」です。


誰もがポテンシャルをフルに発揮すれば、

多少の時期の前後はあれ、本は出せます。

社会的動物として何十年も生きてきたのですから、

多くの人の役に立つ内容を書けないほうが珍しいのです。


ただ、ここで陥りがちな落とし穴があります。

それは、出版企画を考案するときに、

読者に貢献することではなくで、自己満足の方向に行ってしまうこと。


こうなると、せっかくの持っている力量も、良いネタも、活きてきません。

本でも会話でもそうですが、相手の動機というものは敏感に察してしまうもの。

それが「貢献」ではなく「自慢」だと感じた瞬間に、心は閉ざされてしまうでしょう。


でも、ある意味、それもしかたないことです。

人は誰しも他者に認められたいという願望を持っていますから、

それを抑圧しながら書け、というほうがある意味無理なこと。

しかも「本気で本を出したい!」と力んでしまうほど、陥りがちでもあります。


ではどうするか?

ということですが、「客観視」することです。

いろいろとアイデアを出してみて、これは「自分のため」これは「読者のため」と、

客観的に判断していくのです。

その中には自己満足でどうしようもないものも必ずありますが、

逆にキラリと光る、素晴らしい企画のネタも、必ず埋もれているものです。

だから両方アウトプットして、客観的に見て、選択する。

この作業ができれば、必ず本は出せます。

だから自分ひとりで考えるのではなく、周りの信頼の置ける人や、

メンターのような人に相談することで、出版のハードルはグッと下がるのですね。


「自分」から「読者」へ、視線を転換して、

ぜひ「本気」の本を出していきましょう。


あなたの著者活動の、ご参考になれば幸いです。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop