HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > 不安が消える、知識武装編 > 著者なら必ず知っておきたい、"検索の落とし穴" とは?

出版ノウハウ無料公開ブログ

著者なら必ず知っておきたい、"検索の落とし穴" とは?

2018/11/22


こんにちは、保護ねこ9匹と暮らす出版コンサルタントの、樺木宏です。

さて、「検索」といえば、もはや生活に欠かせないものとなりました。

仕事でもそうですし、本を書くということにおいても、とても便利なのが「検索」です。


ただ、最近とても実感するのは、

「検索に頼りすぎると、著者としての可能性が狭くなってしまう」

ということ。


たとえば最近、

「どこかで聞いたことがある」

ようなアウトプットが多くありませんか?


たしかに検索は便利なので、調べものをしたり、広く浅く知るには、向いています。

でも逆にいえば、多くの人がやっていることなので、

アウトプットが皆似かよってしまいがち。

著者としては「似たようなことばかり書く人」と思われてしまっては、

ブランディング的に大きな損失なので、ここは注意したいところですね。


ちなみにベストセラーを数多く出しているとある出版社は、

編集会議であえて書店のPOSデータを見ないようにしているところもあります。

やはり売れている本の検索結果を見てしまうと、プロですらどうしても似たような本に

なってしまう、ということなのでしょう。


余談ですが、私が2年前に書いた「幸せになりたければ ねこと暮らしなさい」という本、

ねことの暮らしを脳科学や心理学、そして社会学の知識と組み合わせた内容です。

このような内容は検索しようにも当時なかったので、

読者からすれば「なんだこれは!?」というサプライズを感じてもらえたことも、

ベストセラーになった一因だと思っています。


さて、話しをもどしましょう。

検索のデメリットについて、お話していました。

あなたは最近、

「例え話がつまらない、あるいは無い本」

を買ってしまい、読み進めるのが苦痛だったことはないでしょうか?


検索は、いきなり「結果」が出てくる分、その過程を飛ばしてしまっています。

変わったことを考えたり、意外な組み合わせを試してみたりといったプロセスを

経ることがないので、過程の話しが無い、あるいはつまらないアウトプットになりがち。

ここも著者の基準として、チェックしておきたいですね。

お金を出して情報を買ってもらうのが、著者という仕事ですから、

その説明の面白さや、説得力こそが大事なところなのです。


このように、「検索」は便利な反面、クオリティの高いアウトプットする上で、

じつは落とし穴もあるのですね。

あなたが商業出版レベルのアウトプットをし続けていくのなら、

検索するまえに、

「モヤモヤ自分で考えること」

も大事にしていきましょう。


人はつい考えるステップを飛ばしてしまいがちなので、

これを心がけるだけでも、半分うまくいったようなもの、

と言っても過言ではないでしょう。


あなたのアウトプットのクオリティを更に高めるための、ご参考になれば幸いです。

 

メールマガジン

イメージ読むだけで、あなたの知識・経験が「売れるコンテンツ」に変わります。1年で30人もの著者デビューを支援しているノウハウをお伝えします。

メールアドレス
お名前

各欄にご入力いただいた後に[読者登録]ボタンをクリックしてください。

ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

ノウハウ公開ブログ
オフィスキャットJP
PageTop