HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > 立ち位置が見えてくる「情報収集」

出版ノウハウ無料公開ブログ

立ち位置が見えてくる「情報収集」

2017/07/13商業出版は、なぜ大変に感じられるのか?

こんにちは、樺木宏です。

さて、本というものは、出す前にはとてもハードルが高く感じられるものですね。

しかしいざ著者になって、自分が出した本を眺めてみると、

皆さん、自分がそれを書けたことは当然だと感じられるし、

なぜあんなにハードルを高く感じていたのか?と不思議に感じるものです。


なぜこんな風に出版前後のギャップがあるのでしょうか?


じつは、書くこと自体は、さほど大きなハードルではありません。

なぜならすでに備わっている実力で、どのようにでもなるからです。

あなたが経験してきたこと、積んできた実績、そして身につけたノウハウ。

それらに加えて、若干のインプットを行えば、意外とクリアできてしまうものなのです。


しかし、「誰に向けて書くか」は、とても高いハードルになり得ます。

今まで満たされていない読者の欲求をくみ取る。

そのために、今までにない読者に向けて書く。

そこは、思いつかなければ、いつまで経っても進めない、いわば「0か1」の世界です。

あとからみれば「あっ、そう」ということでも、最初に思いつくのはとても大変だったりします。


例えば、今でこそビジネスパーソン向けの健康本、ダイエット本などは珍しくもなくなりましたが、

4,5年前には、そうした本はほとんどありませんでした。

しかしそこには確実に、今まで満たされていない欲求があったので、

何冊もでるうちにベストセラーも生まれ、今や確立したジャンルになりました。

このように、「誰に向けて書くか」はとても大変なわりに、後で分かってしまうと、

「ああ、そういうのあるよね」と片づけられてしまいがち。

だから、出したあとではさほど大変に思えない一方で、

出す前にはとても大変に感じられるのです。


逆に言えば、

「誰に書くか」「満たされていない読者の欲求は何か」

ここに気付くことができれば、商業出版はそれほど大変なことではなくなります。

ぜひここにアンテナを立てて、軽々と著者デビューし、本を出しつつけてくださいね。

 

2017/05/04"本を書けそうだ"と思ったら知りたいたった1つのこと

こんにちは、樺木宏です。


さて、書店やWebで本を見ていると、

「こんな本を書きたいな」

とか、

「こういう本なら自分でも書けそうだ」

と思うこと、ありますよね。


そうした思いは、本を出していく上でとても大切。

「着想」や「意欲」につながってくるので、ぜひ積極的に利用していきたいところです。


ただここで、ぜひ知っておいて欲しいことがあります。

それは、

「自分はどう見えているか?」

という、客観的な視点を持つということ。

その視点がなくて「書きたい!」「書けそう!」だけだと、

なかなか出版には繋がらないのです。


なぜなら、出版社には他にも選択肢があるから。

すでに何冊も本を出しているベテラン著者や、多くのファンを持つブランド人著者など、

他の著者にオファーをすることが出来るのが、出版社の立ち位置。


そこで必要なのは、他の誰でもなく「あなたに書いてもらいたい」と思ってもらうことです。

それが出来れば、あなたに出版のオファーがくる確率は格段に高くなります。


そのためには、「自分はどう見えているか?」をチェックすることが大切なのですね。

「しっかりした内容を書けそうな人だ」

と見えているかどうかのチェックも大切ですし、

さらには「その道の第一人者か?」という風に、見せることも大切でしょう。


もし、「第一人者なんてムリ」と思ったとしても、大丈夫。

実は、第一人者という見せ方は、つくる事が出来るのです。


このあたり、詳しくは次回の記事でお伝えしますね。

まずは、自分がライバル著者とくらべて、「出版社からどう見えるか?」

ここを意識してみてください。

 

2016/01/27「マンガや小説風になっているビジネス書は、とてもハードルが高い!?

こんにちは、樺木宏です。


さて、よく書店で見かけるのが、マンガになっていたり、小説風になっているビジネス書。

目立つところに置かれていると、

「こういう風にしたら売れるのかも」

と考えてしまいますよね。


でも結論から言いますと、そうした「見せかた先行」の企画は、まず通りません。

理由はいくつかあります。


1つは、コスト。

マンガにするには元となるシナリオからネームを起こしたり、それをプロのマンガ家さんに

書いてもらうなど、かなりのコストがかかります。


2つ目は、新人著者との相性。

そのようにコストがかかるのですから、出版社は当然、ある程度の売れ行きが見込める

内容でやりたい、と思います。

つまり「それなら元々売れるベテラン著者の本でやりたい」という事ですね。


3つ目は、必然性。

なぜマンガや小説風の見せかたにするのか?といえば、

「そうした方が、読者が手に取りやすく、読んで分かりやすく、スッキリと理解できるから」です。

一見奇をてらったように見えますが、その本質は、

あくまで「読者のために」真剣にやっている工夫。

つまり、ストーリーに無理があったり、違和感があったら、

逆に分かりにくくなってしまい本末転倒ですね。

いかがでしょうか?

一見カンタンに見えるものほど、実は裏で多くの工夫をしているもの。

安易な見せかたとはうらはらに、実はとてもハードルが高いのですね。

でも逆に言えば、しっかりと売れる企画を考案すれば良い、という事でもあります。

読者のためを考えて、いい出版企画ををつくっていきたいですね。

 

2015/10/07書きたい事を書くか?世の中に合わせるか?

こんにちは、商業出版コンサルタントの樺木宏です。

さて、本を出そう、出し続けよう、という方が必ず悩むのは、

出版のテーマをどう決めるか?という事です。

「自分はこういうテーマで本を書きたい!」という思いもあるものの、

「今、こういう本が売れている」と聞けば、迷いも生じるのではないでしょうか?


こうした時、考え方は明快です。

結論から言えば、打率が高いのは「今、こういう本が売れている」の方です。

しかし、長打になるのは「自分はこういうテーマで本を書きたい」の方でしょう。

つまり、どちらも一長一短なので、どちらを自分が望むか、ということで選べば良いと思います。


ただ注意したいのは、「自分はこういうテーマで本を書きたい」だけでは、

よほど読者メリットに配慮しないと、独りよがりで訴求の弱い本になりがちなこと。


また、「今、こういう本が売れている」では、よほど突き抜けた主張を入れて差別化して

いかないと、似たような本に埋もれて終わる可能性が高いです。

こうした注意点を気をつけるだけで、採用確度は大きくアップします。


そして時代性というものは常に移り変わっているものなので、

「書きたい」と「売れている」がぴったり重なる時があります。

そうした時は、ぜひ出版すべきタイミングになります。

しかし逆に、「書きたい」と思っても、「売れていない」時は見送った方がよいでしょうし、

「売れている」テーマでも「書きたくない」のであれば、書かない方が良いでしょう。


いかがでしょうか?

このように、「自分と読者」の関係性と、時代の流れまで踏まえると、

企画の採用確度は確実にあがって行くのですね。


企画のテーマ選びに迷ったら、シンプルに考えつつ、できるだけ視野を広く持っていくと、

採用確度がグンとアップするでしょう。


ご参考になれば幸いです。

 

2015/06/17最初が大切、出版テーマの決め方

こんにちは、樺木宏です。


さて、今日の記事は出版テーマの決め方、について。

新しい企画を考える時、迷いますよね。

「書きたい事はあるが、それで良いのか?」

「もっといいテーマがあるのでは?」

「出版社にダメ出しされたらイヤだな」

等々です。


そして本やWebを見ても、一般論はあるものの、

あなたが実際にこのテーマで書くべき、という情報は少ないです。

でも、セオリーはありますので、そこを今回はお伝えします。


まず検討すべきは、あなたのビジネスそのものをテーマにすることです。

なぜなら、あなたのビジネスが成り立っていると言う事は、世の中にニーズがあるということですし、

あなたはその道のプロですから、実績もノウハウもある、という事でもあるからです。

つまり、一定の読者のニーズが見込めて、著者としての資格もある、という事になります。


ただここでチェックしなければ行けないポイントがあります。

アマゾンで、そのテーマのキーワードを入れて検索してみましょう。

もしここで多くの似たような本が出てこなければ、その本はニーズがあまりない、

という可能性が高いです。

そうなった場合は、もう少し読者が増えるように、テーマを広げていく必要があるでしょう。


逆に、似たような本が世の中に多く出ている場合。

その場合には、後から出すには何か新しい読者へのメリットが必要になってきます。

そこで差別化が必要になってくるのです。


直球ではなく変化球にしたり、極論を言い切ってみたり、

顧客全体ではなく1部の人に限定してみたり、という事で、差別化を図ります。

ここは、あなたの「独自の感性、主張」が生きる所。

ここから先は、なかなか一般論で言い切れない所ですね。


でもそれさえ見つかれば、企画の採用はすぐそこですから、

取り組みがいがあるところですね。

ご参考になれば幸いです。

 

PageTop