HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > しっかり押さえたい、企画書の書き方編

出版ノウハウ無料公開ブログ

しっかり押さえたい、企画書の書き方編

2013/10/18修正し続ければ、必ずよい企画になる

こんにちは、樺木宏です。

一般的には、出版社に企画を送って採用される確率は、

1/200〜1/1000とも言われています。

でも私の支援だと、その確率が2ケタ以上あがるのですが、

その秘密は「ブラッシュアップ」にあります。

ブラッシュアップとは、最初につくった企画を修正し、

より良いものに改善していくこと。

改善といっても、見出しを追加削減するレベルから、

企画の方向性自体を見直してゼロベースで再考案など、

いろいろな種類がありますので、結構大変です。


なぜこの「ブラッシュアップ」が大切かというと、いわば、

"出版社のダメ出しを先取り"

しているからです。

出版社が「売れない」と思う理由、「売れるかどうか分からない」という不安、

これらを徹底的に事前に潰しているのです。

そうなれば、あとは出版社の得意分野とのマッチング、そして編集者個人の興味次第。

数を打てば、必ず誰かの関心を引きます。

もしそれを先にやっておかなければ、本番で企画がスルーされて終わりです。

実際、私のやっている出版企画コンテストというイベントでは、約30通の企画を送ったのですが、

その内実に25近くの企画に対し、出版社が「一度会いたい」と言ってきます。

1つの企画に対し5社近く関心表明があったものもあります。

このように、ブラッシュアップを着実に行い、一定のレベルを超えさえすれば、

必ず出版社の興味、関心は引けるものなのですね。

逆に、残念ながら声が掛からなかった企画も、わずかながらあります。

それは例外なく、ブラッシュアップを途中で止めているケースです。

自分の書きたいこと通りには行かない部分もあり、辛い部分もある「ブラッシュアップ」。

しかしそれは、出版社のダメ出しを先取りし、結果を出す為の登竜門。

ここをくぐれば、著者への道は最短距離になります。

 

2013/10/14あなたのプロフィールを"物語"にしましょう

こんにちは、樺木宏です。

さて、私は企画を考案するとき、クライアントさんの「物語」をつくります。

といっても、なにも小説を作るわけではなく、

ビジネス書の企画です。

そう、実はノンフィクション系の企画でも「物語」が大切なのです。


というのも物語は、記憶に長く留まり、感情を喚起するから。

いくら魅力的に企画をみせても、それがロジックだけでは味気ない。

企画を読む編集者も、出版社も、みな脳の構造は同じで、感情が先立ちます。

ここを考えているかどうかで、企画のインパクトは大きく変わります。


では具体的にどうやって物語を企画に取り込むか?という事ですが、

その1つが、「著者のプロフィール」。

この中に、物語をつくっていきます。

大切なのは"落差"です。

かつて逆境を経験するなどの"深い谷"。

今成功しているなどの"高い山"

この2つのギャップがあればあるほど、

物語のインパクトが増します。


インパクトが増せば、見た人の感情を動かし、共感を呼び、記憶に残ります。

あるいは、応援しよう、という人も出てくるでしょう。

無味乾燥に意義だけ主張する企画とは、雲泥の差が生まれるのです。


いかがでしょうか?

感情を味方につける物語の力は強力です。

あなたも、自分の企画に「物語」を取り込んでみて下さいね。

 

2013/08/27出版企画書から見えてしまうこと

こんにちは,樺木宏です。


さて、今日のお題は「出版企画書から見えてしまうこと」です。

出版企画書には著者のノウハウが書かれているわけですが、

それ以外のことも、いろいろ見えるもの。

例えば、今の仕事についている理由とか、やりがいとか、人間性についても強く表れます。

一見書いていないようでも、見る人が見れば見えてくるものなのですね。


そして・・・編集者は読んだ企画書を結構覚えているものです。


例えば、何度か提案していると、「前にこういう企画を出した人ですね」という事が、結構あったりします。

その時に、以前好印象を持っていたか、そうでないかではスタート地点が違ってくるのです。

前の印象が「採用はしなかったものの、素晴らしい理念を持っている著者で共感した」

というのと、

「読者のことをほとんど何も考えていない企画の著者だった」

というのとでは、まるで違いますね。


企画書には、思いの他いろいろと表れるものがあり、それは誰かの記憶に留まります。

そこを意識しつつ、気持ちを入れて書いていきましょう。

 

2013/08/26このストレスを減らせば、もっと企画が作りたくなる!

こんにちは、樺木宏です。


さて、企画を考えるストレスは、けっこうキツイ時がありますね。

いくらやる気があっても、ストレスも同時にあれば、行動は減ってしまいます。

そこで今週は、ストレスを消す技術の1つをお伝えします。


それは何かといえば、「考えるスピード」に注目するのです。


なぜかと言うと、企画を考えるのが苦痛なのではなく、

「考えるスピードが落ちる事がストレス」

ということが多いからです。


いうまでもなく「考えるだけ」が一番早く、「書く」のは遅いです。

考えるスピードで企画書が書ければよいのですが、なかなかそうも行きませんね。

そのスピードの差が、ストレスになってしまうのです。


例えば、

「誰かと話していると、いろいろとアイデアが出てくるのに、書きながらだと、ぜんぜんアイデアが出てこなくなる。」

「せっかくいい案を思いついたのに、文章にしてみたら、今一つでがっかりする。」

こんな経験はないでしょうか?

これらは、スピードの違いが原因かもしれません。

思考は一種のリズムですから、いつも10のスピードで考えている人が、

急に1のスピードで書きながらだと、質が落ちてしまうのも当然です。


ではどうするか?

最初から文章を書こうとするのを、やめる事です。

「話すように書く」

あるいは、「文章にしないで書いていく」のです。

方法はいくつもあります。

話すように書くのであれば、ICレコーダーに、考えながら自分の声を吹き込んでも良いでしょう。

あとでじっくり聞き直し、文章化していくのです。

これはプロのライターや、一部の文芸作家が実際に行っている方法です。

また、「文章にしないで書いていく」のであれば、

キーワードだけを書くのです。

単語だけを書くなら、思考のスピードに追いつけます。

その単語を後で並べ変えれば、企画概要も出来るのです。

数を出して、似たものをまとめれば、目次も出来ます。

実はこうした方法は昔からあり、「京大式カード」「KJ法」などの優れたノウハウが開発されました。

現在では、パソコン上でマインドマップを使うという、低コストで合理的な方法があります。

詳しいやり方はGoogleで検索すれば、いくらでも出てくるので、ぜひ取り入れて見て下さい。


今日のまとめです。

自分の思考スピードと、書くスピード、文章化するスピードのギャップがストレスになります。

考えるように、話すように、書きましょう。

その為には、工程を分けてしまえば良いのですね。

この技術さえあれば、もっとラクに企画書が量産できますよ。

 

2013/07/01企画は柔軟に変更しましょう!

こんにちは、樺木宏です。


私の経験では、著者さんが考えた出版企画が、最初から商業出版で採用されるレベルだったことは、

ゼロではありませんが、ほとんどありません。

意外でしょうか?

つまり、何度も企画を変更していくことで、

多くの方が著者デビューしているのが実情なのですね。


そこで大切な企画の改善、つまりブラッシュアップですが、難航するケースもままあります。

よくあるのが、「何を書くか」が固定化してしまっているケース。


商業出版は、「売れる本」である事が絶対条件です。

自分が書きたいことも大切ですが、それ以上に、

「読者が読みたいこと」に焦点を当てる必要があります。

しかしここで視点が固定化してしまっていると、

内容を変える事が、心理的に難しくなってしまいます。

読者に合わせて易しい表現に変えようとしても、

頭では分かっていても、行動に移せない、という事に。

つまり、ブラッシュアップがここで行き詰まってしまうのですね。


読者が変わる、つまり「誰に書くか」が変われば、

当然「何を書くか」も連動して変わらなければいけません。

「何を書くかは」、最初に固定するのではなく、「誰に書くか」に応じて柔軟に考えましょう。

そうすれば、企画がスムーズに改善され、採用確度が向上します。

 

PageTop