HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > しっかり押さえたい、企画書の書き方編

出版ノウハウ無料公開ブログ

しっかり押さえたい、企画書の書き方編

2017/12/07説得力は、見出しの書き方ひとつで大きく変わる

こんにちは、樺木宏です。


商業出版するためには欠かせないのが出版企画書、

そして出版企画書で欠かせないのが目次です。


タイトル「だけ」面白い企画とか、

読者に大きなメリットを約束する企画は数多いですが、

目次でそれを「しっかり説得」している企画は少ないです。

だから説得力がない企画が多く、せっかくの企画が通らない人が多いんです。


いわば目次は「最後のツメ」のようなもの。

せっかくの実績や経験を、苦労して企画書にしたのに、

最後のツメが甘くて失敗するのは避けたいですね。


さて、目次をどう組み立てるか、というノウハウは数多くありますが、

「それ以前」にとても大切で、なおかつ見落とされがちなことがあります。


それは、「見出しを見ただけで内容が分かること」。


よく、書店に並んでいる本の見出しには「なぜ○○なのか?」といった、

疑問系になっているものがあります。

それをイメージしてか、企画書でもそうした疑問系の見出しを書いてしまうことがありますが、

それは、出版企画の段階では基本的にNGです。

なぜなら、書店なら本を読んで内容を確認することができますが、

出版企画書では見出ししか無いためです。

「著者がどんな主張や、結論を個々で書こうとしているか?」

が見出し「だけ」から伝わらなければ、「説得」できるはずもありませんね。


だから「見出しを見ただけで内容が分かるように書く」ことは、

商業出版の企画書で重要な「最後のツメ」であり、基本中の基本。

この1点を知っておくだけでも、あなたの企画の説得力がまるで変わってきますから、

ぜひ活用してみて下さい。

 

2015/11/04企画書を書いたら、まずチェックしたい3つのこと

こんにちは、商業出版コンサルタントの樺木宏です。


さて、出版企画書を自分で書く場合は、コツがあります。

結論から言ってしまうと、

「何度も見直し、繰り返し直す」

ということ。

これだけで、10倍くらい採用確度が上がります。

特に、その本が売れる理由をアピールする「企画概要」を何度も直すことは、

必須といえるでしょう。


でも最初は、せっかく書いたものを書き直すはもったいないように感じるでしょうし、

どこをどう見れば良いか分かりずらいものですね。

そこで、今回は具体的な3つコツをお伝えしようと思います。


1)企画概要の量を、1/3に
 ロジックというものは、整理されるほど量が少なくなるものです。
 また、量が少なければその分、主張が埋もれる事なく、ストレートに届きます。


2)企画概要のロジックは、飛躍はNG
 編集者は少しでも納得できないと、企画をスルーしがちです。
 理由と事例が無いので極論に思えてしまいます。
 確実に納得できるよう、丁寧なロジックを心がけて見て下さい。


3)説明を要する言葉を減らす
 読みての立場になって「分かっているはず」という前提ではなく、丁寧に説明するか、
 もっと平易な表現に置き換えましょう。
 特に業界で普通に使われている言葉は要注意。業界の外では、よく分からない人の方が
 多いでしょう。
 編集者も、読者も、専門家ではなく素人、という前提で考えましょう。


いかがでしょうか?

上記の3つのコツを手がかりにして、何度も見直し、繰り返し直してみて下さい。

そうする事で、必ず企画書の採用確度は10倍以上になりますよ。

ご参考になれば幸いです。

 

2015/10/28企画書を書く時は、すでに考え終わっている時!?

こんにちは、商業出版コンサルタントの樺木宏です。


さて、あなたは企画書をつくる時、一生懸命考えているでしょうか?

もちろん考えているよ、という人が多そうですが、実は、それはNGです。

企画書を書く時は、基本的に企画は考え終わっていないといけないのです。

ここで、あなたが企画書を書いている時の事を、想像してみて下さい。

書式にそって書き出しながら、表現や文章量、文字のサイズなどに気を使いつつ、

誰に、何を、どのように伝えるか、を同時に考えていることと思います。

それをプレゼンテーションしている自分を想像しているかも知れません。

しかし残念ながら、このような状態では、あなたの強みが引き出された、クオリティの高い企画は生まれません。


なぜなら、同時に複数のことをやれば、集中力が落ちてクオリティが下がる上に、ストレスがかかるからです。

そうすると人は、ストレスを避けて考える時間を短くしようと、目先のアイデアに飛びつく事になりがち。

もっと売れる企画、ファンが増える本を出せるのに、ストレスを避けようと、目先のアイデアに

飛びつく事によって、大きな機会損失をしてしまうのですね。

残念ながらこうしたやり方のままでは、あなたの様々な可能性が埋もれてしまいます。

そうならない為にも、企画書を書く前の時間を多くとりましょう。

そして、同時に複数のことをせずに、「誰に何を伝えるのか?」だけを、

じっくりと考え抜きましょう。

企画書を書く時は、むしろ企画を考え終わっている時、とイメージすれば、

あなたの潜在的な可能性がもっと引き出されて、より売れる本となり、

本を出し続けることも可能になりますよ。


ご参考になれば幸いです。

 

2014/09/02企画の8割は"1行"で決まります

こんにちは、樺木宏です。

さて、商業出版と言えば、欠かせないのが出版企画書ですね。

その出版企画書が出版できるかどうかの分かれ目となるわけですが、

その善し悪しはどれくらいの時間で判断できると思いますか?

さっと見て1分?じっくり見て5分くらい?


実は、数秒で分かります。


そんなに短いはずがない、と思われるかも知れませんが、本当です。

実際、編集者はそれくらいのスピードで企画書を見ていきます。


なぜそんなに短い時間で判断できるのか?

それは、企画の8割はある1行を見れば、分かってしまうからです。

その1行とは、タイトル。

読者はタイトルを見て、自分の為にある本かどうかを判断し、買うかどうかを決めます。

だからタイトルを見れば、「誰の問題をどう解決する本か?」が分からなくてはいけません。

・それがハッキリしないと、企画の軸がぶれていると判断し、編集者はスルーします

・ハッキリしていても、「誰の問題か?」の対象が少なかったり、響かないと思えばスルーします

・「どう解決するか?」の内容が既視感があったり、メリットとして弱いと思えばスルーします

編集者は上の3点を、タイトルでチェックするだけですから、数秒でできてしまうのも当然なのですね。


これを著者の側から考えると、大きなヒントが得られます。

「誰の問題をどう解決する企画か?」をタイトルで明確にしていない企画は、決して通る事は無い、

逆に言えば、そこを明確にすれば、採用確度がアップする、という事です。


だから企画書を書く際はかならず「誰の問題をどう解決する本か?」を

シンプルに、明確に、タイトルで示しましょう。

必要以上に分量が多くては、伝わりません。

もちろん婉曲な言い回しは不要ですし、高度な専門用語で煙に巻くことなどはもっての他です。


そしてタイトルで「誰の問題をどう解決する本か?」をシンプルに見せた上で、

必要最低限の肉付けをしていく事が、ベストの出版企画書になります。


いかがでしょうか?

ぜひシンプルに、1行で、あなたの企画を表現してみて下さいね。

 

2014/06/03プロフィールは"右脳"で考える

こんにちは、樺木宏です。


さて、皆さんは、自分のプロフィールを書こうと思えば、すぐ書けると思います。

でもそれは、肩書きや職歴、あるいは実績数字が中心ではないでしょうか?

実際、私が支援する方にプロフィールを書いてもらうと、最初は例外なく、

こうした属性などの「左脳的・機能的」なことしか書かれていません。


しかし、これは大変勿体ない。

というもの、あなたのプロフィールでもっとも魅力的なのは、

「右脳的・感情的」な事だからです。


例えば、コンサルタントの方であれば、何人のクライアントがいるかとか、

売上をいくらアップしたか、と言う事も大切ではありますが、

「その事で、クライアントの人生がどう変わったか」

の方が、はるかに見る人の心情に訴えます。

人間は脳の構造的に、感情が先立つようにできているのです。


これは編集者も、読者も同じです。

商業出版でのプロフィールにおいても、属性だけでなく、感情的なアプローチが加わることで、

著者としてのプロフィールがさらに強いものになります。

特に、初めて本を出す段階では、まだ肩書きや実績がそれほど凄くない場合が多いですから、

こうした考え方が、著者になれるかどうかを大きく左右しますよ。

 

PageTop