HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > ライバル著者に勝つ!「類書との差別化」

出版ノウハウ無料公開ブログ

ライバル著者に勝つ!「類書との差別化」

2015/02/25あなたの"極論"に価値がある

こんにちは、樺木宏です。

さて、"極論"というと、一般的には「偏っている」「バランスが悪い」というイメージがありますね。

だれでも、偏った人と思われるのはイヤなものですから、

日常で極端な意見を言う機会は、少ないのではないでしょうか?

しかしこと著者にとってみれば、その考え方は逆になります。

「偏った極論」にこそ、魅力があるのです。


例えば、経済の本。

日本が将来沈没すると言ってみたり、逆に日本が世界最強、と主張している本もあります。

こうした本を書店で見かけるのは、極端ではあるものの、両方売れているからです。

しかし、「日本はそこそこ」という本は、書店にはありません。

それは、売れないからですね。

なぜこうした事が起こるかと言うと、

1つには、なかなかそこまで言い切れる人は少ないから。

自分の名前で本を出すということは、その主張とセットで覚えられる、という事でもあります。

もしその考え方が間違っていたり、将来否定されてしまったら・・・と考えると、

主張をするには勇気がいります。

極論を言い切れる人は少ないからこそ、語れる著者には希少性が生まれ、価値が増すのですね。


もう一つは、話題が拡散しやすいからです。

極論であればあるほど、同じ意見を持つ人は、強く賛同してくれます。

逆に反対の意見を持つ人は、腹が立ってアンチになることもあるでしょう。

いずれも場合でも話題は拡散します。

ブログで好意的に紹介する人も出てくれば、居酒屋で悪く言う人も増えるでしょう。

それは露出が増えるということであり、どちらの場合でも、マーケティング上はプラスなのですね。


いかがでしょうか?

商業出版の企画を考えるときは、つい反論を恐れて、丸くなったものになりがち。

そこをあえて尖った「極論」を探してみましょう。

あなたの著者としての魅力がさらに増すこと、請け合いですよ。

 

2014/05/16企画に何かが足りない・・と思ったら

こんにちは、樺木宏です。


実力は十分あるのに、この企画には何かが足りない・・・と思ったことはありませんか?

そのポイントNo.1は、"類書との差別化"です。

もしあなたの企画がなかなか採用されない、という事でしたら、

差別化だけに絞ってよい、とすら思います。


なぜなら、あなたの企画に読者のニーズが全くない、という事は少ないですし、

著者に書く資格が全くない、という事もレアケースです。(たまにありますが・・・)

でも、「類書との差別化」を全く考えていないケースは多いのです。

だから、そこを考えるだけで、飛躍的に企画の採用確度が上がるのです。


就業規則の本を例に挙げてみましょう。

当然、数多くの類書があります。

似たような本では、企画は通らないですね

そこで、

・この本ならではの、独自のポイントは何か?

・今の時代らしさを強く打ち出せないか?

・今までに無かった新しい要素はあるか?

という視点から差別化を考えていくのです。


「社長のホンネ、わがままを全部吐き出してしまう就業規則(独自性)」

「社長は従業員に訴えられるとほぼ負ける時代に有効なノウハウ(時代性)」

「社長の都合ばかり書いているのに、むしろ従業員と仲良くなれる(新奇性)」

こんな要素があったら、間違いなく類書と差別化できますね。

実際、この企画は採用となり、すでに発売されています。
 

だからあなたも、類書との差別化を考えましょう。

すっぽり抜け落ちてしまいがちなこの要素を考えることで、

企画もサービスも、格段にグレードアップすること間違いなしですよ。

 

2014/02/06優秀で高い地位の人ほど"不利"な事とは?

こんにちは、樺木宏です。


仕事もある程度上の立場になると、アドバイスを受ける機会が激減します。

上に行けばいくほど、その傾向は顕著。

「社長、あなたのビジネス、ライバルと置き換え可能ですね。差別化されていませんね」

などと言ってくれる社員はいません(笑)


平時にはこれで良いのですが、これが商業出版になると、話は変わってきます。

というのも、すでに本を出している優秀なライバル著者が大勢いるから。

いくら有益で素晴らしいノウハウでも、同じ内容で先に本が出ていれば、

読者はもう「お腹いっぱい」の状態でしょう。

また、今世の中に何が求められているか、という時代性もあります。

20代のゆとり世代向けに根性論でがむしゃらに働こう、というメッセージを送っても、

響く可能性は低いですね。


このような事情があるので、商業出版では「自分を客観視」することがとても大切です。

・自分のノウハウは、ライバルと比べて、読者にどのような新しいメリットがあるか?

・今の時代、多くの読者が悩んでいることと、自分のノウハウはどう繋がるのか?

こうした客観的な視点がとても大切。

そしてそれが自分では難しい、と言う事であれば、第3者のアドバイスが有益なのですね。


あなたのまわりにはそうした人がいますか?

優秀な人で、立場が上であればあるほど、ここは盲点になりがち。

自己チェックしてみて下さいね。

 

2013/12/25本を書きたいと思ったら気をつけたい、たった1つのこと


こんにちは、樺木宏です。


「自分は○○が得意だから、その本を書きたい」

「自分のビジネスの専門分野で、本を書きたい」

という人は多いですね。


でも、ちょっと待って下さい!

そこには落とし穴があるのです。


どんな落とし穴かといえば、世の中には「似たような本がいっぱいある」という事。

いくら素晴らしい内容で、あなたの実績が輝かしいものでも、

同じような本が先にでていたら、売れません。

売れないということは、企画が通らないということ。

だから、自分の書きたい本が、すでに世の中にでていないか、調べる必要があるのですね。


そして、「同じような本が何冊もあった!」となっても、気落ちする必要はありません。

むしろ、ある程度は歓迎すべきこと。

なぜなら、その本を読みたいという人が、世の中にはいっぱいいる、という事だからですね。

もちろん、出尽くしてしまって、そのジャンルは枯れてしまっている、ということでしたら話は別ですが・・・

そうした場合は、柔軟に、方向性を変更していきましょう。


今日お伝えしたのはちょっとした知識ですが、商業出版では、採用確度が何十倍も変わってくるコツ。

ご参考になればと思います。

 

2013/11/12あなたの企画を"差別化"しよう

こんにちは、樺木宏です。


さて、出版企画の最大のハードルはずばり、類書との差別化です。

"読者に、今までの本にはない、新しいメリットを提供すること"

これが差別化です。

これが出来れば、いくらでも本が出せるといっても過言ではありません。


え、ほんと?と思われるかも知れませんが、本当です。

企画が通るのに必要な要素は他にもありますが、

それはさほど高いハードルにはならないことが多いからです。


例えば、読者ニーズ、という要素。

どういう本が売れるテーマか、というのは、過去の売れ行きを調べれば分かること。

そのテーマから選べば良いだけの話です。

あるいは、著者の書く資格、という要素。

この著者は書くのに相応しい人か?という編集者のツッコミにも、

ある程度ビジネスをしてきた人なら、プロフィールを作り込むことで対応できます。

これも、すでにノウハウがありますから、活用すれば良いだけ。


でも、類書との差別化は、難しいです。

売れている本は変わっていきますし、あなたの強みが何かで、

正解はまるで変わってしまうからです。

だから、単純にこうやれば良い、という結論を書けばよい、というものではありません。

それは抽象的で、具体性に欠けるものになってしまいます。

また、本を何冊も出しているからといって、差別化のノウハウがあるとも限らない。

それはたまたまその著者が優秀で、差別化されたポジションをとれただけの場合も多く、

他の人で再現できるかは別の問題なのです。


そこで必要なのは、著者の強みを、差別化に結びつけるノウハウ。

例えば私であれば、下記のような差別化ポイントを企画に活かした事例があります。

http://pressconsulting.jp/books/

2013年9月の事例から下に見て行くと、

"職員室の無い、いじめの無い小学校の"先生

"日本で初めて、小さな士業事務所のアライアンス戦略を提唱する"税理士

"破綻寸前の会社の救うことに特化した"経営コンサルタント

"筆跡を鑑定するだけでなく、公認会計士でもある"コンサルタント


いかがでしょうか?

差別化された著者のポジションをつくり、出版に活かす感じを、

イメージしていただければ嬉しいです。

その感覚を自分の企画にも活かし、ぜひ"類書との差別化"をしてみて下さい。

きっと、本を出し続けることが出来るようになりますよ。

 

PageTop