HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > 成功した著者は必ずやっている「著者マーケティング」

出版ノウハウ無料公開ブログ

成功した著者は必ずやっている「著者マーケティング」

2016/09/28企画は逆算で考えれば上手くいく

こんにちは、樺木宏です。

さて、本を出したいという人は大勢いるのですが、その先までイメージできている人はわずかです。

ここは実は決定的に大事なところで、その先を考えていないと、

「本を出したが、あまりビジネスに好影響がなかった」

「ブランディグとしての効果が微妙」

ということが起こります。


なぜこうなってしまうかというと、「順番」を間違えているのですね。

先を考えていない人は、まず書きたいことを優先で本を出そうとします。

世の中のトレンドや読者の悩みをふまえていないので、企画がなかなか通らないし、

そこを通そうと後付けで工夫するので、出版社の意向などで方向性が変わってしまうのです。

こうなると、本がでても望んだ人に届かず、著者としてのポジションもあやふやになり、

ビジネスへの好影響も限定的になりがちです。


対して、本を出すのがうまい人がどうやっているかというと、

最初から「逆算」しています。

最終的な取りたいポジション、誘導したいビジネスのサービスがまずありきです。

そこに関心をあつめるためにセミナー等を行い、

そのセミナーに来てもらうために本を出す、という軸が明確。

だから企画を工夫する上でも、ここは譲れないというところが見えているので、

望んだ人に届きますし、ポジションもブレません。

だから出版社からオファーが来ても、その軸に合わなければ、断る勇気をもてるのです。

これは積み重なりますので、本を出し続けるほど、その差は大きく開いてくるでしょう。


いかがでしょうか?

なりゆきに流されずに、確固たるポジションを築くための、

ご参考になればと思います。

 

2015/09/09ビジネスに商業出版を活かすために、ぜひ知っておきたい企画の考えかた

こんにちは、商業出版コンサルタントの樺木宏です。

さて、せっかく商業出版で本を出すのですから、

ただ印税をもらうだけでなく、集客力を上げるなど、ビジネスへのメリットを得たいですよね。

しかし残念ながら世の中には、

「本を出したけど、ビジネスにあまり好影響が無かった」

とか、

「ビジネスに好影響がでるまでに時間がかかった」

という人も、結構多いようです。


そうならない為にまず、知っておいて欲しいことがあります。

それは、本とあなたのビジネスは、"読者の悩み"で繋がっている、という事です。


具体的には、自分の悩み事について解決したい、と思って本を買い、

読んで良い本だったと思えば、さらに悩みを解決しようとセミナーに行き、

そのセミナーが良ければ、顧問契約などのさらに先のサービスに申し込む、という流れで

繋がっています。


だから、出版でビジネスに好影響がある人は、この"読者の悩みの導線"が上手く繋がっているし、

残念ながらそうでない人は、ここが繋がっていないのですね。


では、そうした導線を上手く作るためにはどうするか?という事ですが、

本の内容をビジネスから「逆算」で考えましょう。

まずあなたの最も高額で、受注できたら嬉しいサービスを起点にします。

そしてそのためにセミナー集客し、そのセミナー集客のために企画のテーマが決める、

という風に、逆算で考えるのです。


それがうまく行くと、書店に並んだあなたの本は、"ビジネスの案内書兼申込書"になります。

逆に導線が切れていると、せっかく読者が本を読んでも、その悩みをもっと解消してくれる

サービスが無い、という事になってしまうので、申し込んでくれません。

商業出版でビジネスメリットを得る為に、逆算で企画を考えましょう。


読者をあなたの見込み客にする為の、ご参考になれば幸いです。

 

2015/07/22ビジネスに好影響を出すために知っておきたいこと

こんにちは、樺木宏です。


さて、商業出版というものは、どの角度から見るかで意義が全く違ってきます。

出版社から見た出版と、著者から見た出版は違うのです。

良い本を作りたいという想いは同じでも、それ以外はほとんど全て違います。


例えば、出版社から見れば、全額費用負担をしますから、売れる本にしないと赤字になります。

それは事業としてマズいですし、担当である編集者もそこは必死です。

このあたり、著者としては費用を負担せず、逆にリスクゼロで印税を貰う立場なので、

そこに気づきにくいです。


逆に著者から見れば、ただ本を出すだけでなく、自分のビジネスへの好影響が欲しいですし、

あるいはブランド力がアップする事を期待します。

ビジネスでの受注が増えたり、単価がアップしたり、他メディアからのオファーが来たり・・・

そしてそれが続いたり、という効果が欲しいのですね。


でも出版社から見れば、まずは売れる本という考え方ですから、

今売れている流行に乗っかる事が優先されがちで、

著者のビジネスとの連動にまでは、あまり配慮しない、あるいは出来ないことがほとんど。

また、著者とは1回きりの仕事になることも多いので、中長期のブランディグを設計する、

ということも聞きません。

ですので、一時期本は売れたが、ビジネスに好影響がほとんど無い、

そして流行が去ったら本もあまり出せなくなった、という残念なケースも意外と多いのです。

このように、商業出版というものは、良い本をつくりたいという想いを共有していればよい、

というものでは無く、お互いの立場の違いを踏まえ、それぞれ主張すべきところはして行かないと

上手く行かないものなのですね。


著者であるあなたはこうしたことを是非知って頂きたいと思います。

相手の立場も踏まえ、自分の立場も尊重してもらう出版をしましょう。

ビジネスに好影響を出しつつ、売れる本をつくるための、ご参考になれば幸いです。

 

2015/07/08著者に"連続スペシャリスト"が多い理由とは?

こんにちは、樺木宏です。


さて、この記事を読んでいる方でしたら、「連続スペシャリスト」という言葉をご存知の方も多いと思います。

これはリンダ・グラットンさんが著書「ワーク・シフト」の中で使った言葉で、

「未来の世界で成功を収めたければ、高度な専門技能と知識を身につけるだけでなく、

リスクを回避するために、複数の専門分野に習熟し、かつアップデートし続けなければいけない」

という考え方です。


確かに、弁護士でさえ生活保護を受ける人がいる時代です。

ひと昔前は、この資格をとったら一生安泰、などといわれる国家資格もありましたが、

それも過去の話。

たとえ1つの立場で成功しても、ITの進化やグローバル化により、陳腐化する速度はどんどん増しています。


同じ事は著者にも言えます。

よく「本を出せば、ブランディグになるし、集客もできるから安泰」

というイメージを持っている人がいますが、それは本が売れている時だけのこと。

実際は単に本を出したり、ベストセラーが1回出ればビジネスがずっと上手く行き続ける、

という事は無いのですね。


そんな中、本を何冊も、長年に渡って出し続けている人は、ビジネスが上手くいっている人が

多いのですが、それはまさに「連続スペシャリスト」だからに他なりません。

例えば、

・著者として専門領域を確立したあとも、時代の変化に応じて微妙にポジションを変える

・そのため新しい立ち位置の出版企画を考案し、ビジネスとしてニーズがあるかどうかを試す

・上手くいったら、同時にビジネスも構築してキャッシュを得る

といった事を、繰り返しているのですね。

つまり、ビジネスで変化し続けるための「試験場」として、出版を活用している、という事です。


ただその分、試行錯誤もしています。

水の上を悠々と進んでいるように見える白鳥も、水面下で足をバタバタ、試行錯誤の連続。

例えば、次々に新しい本を出しているように見えて、通らない企画も多いもの。

ベストセラー著者と言えど、売れない企画はあっさり却下されてしまいます。

それでも果敢にチャレンジを続けることで、今のポジションを築かれているのですね。


ここを知っていると、ちょっと企画が通らなかったくらいで行動を止めてしまうことはなくなります。

ビジネスで新しい事業を試そうと思ったら、時間もお金もかかりますが、

出版企画ならある意味リスクゼロ。

それていて、市場のニーズを見極め、同業他社と差別化されたサービスを開発する手段として、

出版ほどリーズナブルな手法はないと思います。


あなたのブランドを築き続けるための、ご参考になれば幸いです。

 

2015/05/13本を出したあとが"本番"です

こんにちは、樺木宏です。


さて、著者さんが本を出すと、嬉しいものです。

もちろん、ご本人がなにより嬉しいと思いますし、

編集者も喜んでいます。

皆達成感につつまれて、ハッピーなムードになります。


ですが私は、「ここからが本番ですよ」という事を良く言います。


というのも、本を出版するというのは、ビジネスパーソンにとっては、

ブランド力を上げる手段。

本を売って終わりではなく、読者とどう関係をつくるか、

次にどんなサービスを提供できるか、が目的です。


そう考えると、本を出した直後というものは、

「読者をどうやって見込み客にして、関係性を築いていくか」

がもっとも効果的に行えるので、力を入れて取り組むべき時期なのですね。


言い換えれば、見込み客とのコミュニケーションの機会を増やし、

売上につなげる具体的な行動を考案、実行できる絶好の時期を、

みすみす逃してはいけない、と言うことです。


では具体的にどうするか、という事ですが、

「読者は何に悩んでこの本を手に取ってくれたか」から逆算するのが良いでしょう。

本で解決しきれなかった悩みに踏み込んだり、

タイトル以上の、さらなる境地に押し上げてあげたり、

を、サービスとして提供するのです。


例えば、セミナーを開催はオーソドックスでお勧めな方法です。

以前、支援した本で、"社長向けに残業代を払わないですむ為の本"がありました。

出版後、自社の残業代をどれくらい減らせるかのワークを中心としたセミナーをやりましたが、

その結果、そのセミナーだけで、顧問契約が数社とれました。


いかがでしょうか?

本が出たら、「ここからが本番」という気持ちで、ぜひ取り組んで見て下さいね。

 

PageTop