HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > その他の出版ノウハウ

出版ノウハウ無料公開ブログ

その他の出版ノウハウ

2014/03/18本を出し続ける人に共通する"抽象化"というスキル


こんにちは、樺木宏です。


さて、ここ数年、数百人の著者と会い、企画の話をしてきましたが、

話をしていて"自分のノウハウが相手にどんどん吸収されている"

と感じる事があります。

当然、出版企画もどんどん良くなっていきますので、

企画が決まるまでのスピード感が早い。

そして、そうした人は例外なくすでに本を出し続けているか、これからそうなる人なのです。

一方、残念ながらノウハウをお伝えしても、そのスピード感が遅い人もいます。


こうした違いはどこから生まれるのか?

それは、

「傾聴と抽象化」

の2つが大きいです。

傾聴とは、文字通り話を聞く事。

これはいろいろな本にも書いてありますし、ベストセラーも出ていますので、

ご存知の方も多いと思います。


もう1つの「抽象化」ですが、こちらを意識している人は少ないようです。

これはいいかえれば、自分のノウハウが、いつでもどこからでも引き出し、加工できる状態に

なっている事。

何か聞かれて答えられるのは「知っている」と言う状態ですが、

別の分野の話を聞いて、自分のノウハウと「くっつける力」とても言うべきスキルです。


脳の状態で言えば、シナプスがありとあらゆる箇所に伸びて、いろいろな所とくっついている

状態なのだと思います。

だから、全く別の分野の話を聞いても、自分の既存のノウハウで新しい気づきが得られたり、

新しい組み合わせをどんどん創造していけるのでしょう。


こうした能力を得るのに有効だと言われているのは、「教えること」です。

頭の中からいったん書き出し、書き出されたものを目で見て再インプットする。

知らない人に教えるため、分かりやすいようにノウハウ全体を並べ替える。

こうした作業が、あなたの知識を「抽象化」し、より高い次元にもっていくのですね。

よく「教える事は、自分の方が3倍学べる」と言う言葉がありますが、

まさにこの事だと思います。


ぜひあなたも、既にお持ちの抽象化スキルを意識してみて下さい。

スキルの成長スピードが、さらにアップすることと思います。

 

2014/02/25読書の隠れた主役「本棚」の話


こんにちは、樺木宏です。


読書術についての本は多いですが、「本棚」については、ほとんどありませんね。


しかし「本棚」は、効率的に知識を獲得する上で、とても大事なところです。

なぜなら、本を読み返す際の質と量が変わってくるから。

机に積みっ放し、本棚に差しっ放し、ふと気になってもどこにいったか分からないのでは、

読み返す機会も減りますよね。

という事は、本棚次第で成長のスピードが早くもなれば、遅くもなる、という事です。


例えば「ザ・マインド・マップ」の著者トニー・ブザンも、

「大量の知識を獲得する技術」という章の中で、記憶が定着するための理想的な復習時間として、

「10分後、24時間後、1週間後、1ヶ月後、半年後、1年後」

と、実に6回も復習することを推奨しています。


つまり、いくら早く読んでも、

「読んだあとは本棚に入れっ放し、再読しない」

という事は、そこの抜けたバケツに水を入れ続けるようなもの。

入れた端から忘れていってしまうのでは、質の高いアウトプットなど望むべくもないですね。

だから、何度も読み返したくなるよう、本棚を工夫し、整理しておく事はとても大事なのです。

その並べ方も、本のサイズで並べたりするのでは無く、

「自分の頭に体系化されている順」

で並べておくと、本棚を眺めるだけで知識の構成を再確認できるので、お勧めです。


ちょっとニッチな、でも決してあなどれない「本棚」の話、ご参考になれば幸いです。

 

2014/02/1235歳からのストリートスマートのすすめ

こんにちは、樺木宏です。


さて、35歳というと、なにやら意気消沈というか、一種の諦めのようなイメージがないでしょうか。

かつて私がサラリーマンだった時代に、よく周囲に感じました。

曰く、

「もう転職も難しいし・・・」

「家のローンや、子どもの教育費も額が増えてきたし・・・」

「会社内での先も見えたし・・・」

的な空気です。


今の立場からこうした過去を振り返ると、非常にナンセンスかつ、勿体ないと思います。

なぜなら、35歳からが、ビジネスパーソンとして最も旬な時期に入っていく入り口だからです。

信用上欠かせない実績や、積み上げたノウハウ。

そして幅広い人脈や、豊富な人生経験。

これらは累積するものなので、時間を書けて積み上げるほど、

より価値が高い人材になっていくのですね。

だから、35歳未満でビジネス書を出している著者はほとんどいません。

本を書いたり、起業したり、会社枠を超えたところで活躍する人にとっては、

まさにこれから、という充実した時期なのです。


にもかかわらず、今の日本では終身雇用の採用基準が中途半端に残っているせいか、

先述したような、残念な勘違いが多い。

例えば著者などは、35歳ではまだ非常に若い方の部類ですし、

低年齢化したとはいえ、起業家にしてもそうです。

だからもう遅いどころか、本当にこれからスタート、なのですね。


そして大事な事は、これは社内の評価による役職や、世間体には何の関係もない、と言う事です。

学歴や役職といった肩書き等、社会的にカッコいい"ラベル"に関係なく、

"社会に貢献し対価として現金をつかむチカラ"はあなたの中に眠っています。

だから意気消沈などせず、世間体も常識も関係なく、

35歳から新鮮な気持ちで大活躍して欲しい。


これが私の考える、35歳からのストリートスマートのすすめ、です。

本当に大事なのは、出版そのものではなく、みずからの実績・経験・ノウハウを棚卸しして、

これから社会にどう貢献すれば、もっともリターンが得られるかを見つけ出す事。

それを考え、形にしていきたいですね。

 

2014/01/21トレンドを過剰に追いかけるのはやめましょう

こんにちは、樺木宏です。

さて、昨年は、出版業界的にもいろいろなトレンドがありました。

著者として気になる「売れ筋」という事で言えば、

ほんの1年前はベストセラートップ10のうち半分を占める勢いだったダイエット本が、

2013年は取次会社のランキングに1冊もランクインせず。

かと思えば、一昨年は1冊しか無かったミリオンセラーが、昨年は11点も出ました。

このように、トレンドは毎年目まぐるしく変わります。


ですが、新年あえていいたいのは、

あまりこうしたトレンドを、追いかけすぎるのは良くない、という事です。

というのも、1冊目の出版は10年先を考えて出さなければいけないから。

ビジネスパーソンにとって出版はゴールではなくスタートなので、

本だけでなく、そのあと顧客に提供するサービスも大切です。

そこには理念があり、コンセプトがあるはず。

そのサービスを、本のトレンドのように変えてしまうと、「ブレた人」になってしまいます。

毎年、提供するサービスのコンセプトが変わってしまうようでは、ファンも読者も離れてしまうのです。

たまに「この人の本業はなんだったっけ?」という人を見かけますが、

その時はトレンドに乗っているので良さそうでも、

長い目でみると、徐々にフェードアウトしていってしまうもの。

あなたは、こうなってしまってはいけないのです。


もちろん、出版社の企画採用を考えても、類書が売れているデータは重要です。

しかし、目先のデータを追いかけると、どうしても振り回されることになりますし、

結果として、その時は良くても、長く出し続けられない事が多い。

なので、あまりトレンドを追いかけ過ぎず、

「自分の中を深堀りする」

作業が、これから益々大切になっていくでしょう。


今年もいろいろな変化があると思いますが、

私の「クライアントの人生のステージを1段上げる」という軸がブレないよう、

一生懸命支援していきたいと考えています。

 

2013/11/14私が"儲かる系"の本をあまり手がけない理由

こんにちは、樺木宏です。


私は、"こうすれば儲かる"という内容の本をあまり手がけていません。

なぜかと言うと、世の中に「それだけでは儲からないでしょ」と感じてしまう本が多過ぎて、

食傷気味なんですね。


例えば、ネットビジネスや、ソーシャルメディア関係の本。

アメブロでいくら儲かる、だとか、Facebookでガンガン集客できる、

という本は、書店に行けばいくらでも並んでいます。

こういう本を読んでも、ほとんどの読者は、儲かりませんし、集客もできません。


なぜかと言うと、片手落ちだからです。

こうした本が言っているのは「効率のよい価値の伝え方」。

伝え方だけが上手くなっても、元になるあなたのサービスの「価値自体」を高めなければ、

欲しがる人は少ないですし、一時的に売れたとしても決して続きません。

だから、あなたが儲かることはありません。

よく考えれば当たり前の話ですが、ここを教えてくれる本は驚くほど少ないです。


そして、多くの著者があまり考えていないことですが、

「反動」があります。

もし「儲かると謳った本でありながらぜんぜん儲からないじゃないか」、

となったら、その負のエネルギーは、著者に反動として返ってきます。

amazonレビューや、ソーシャルメディアがすごい事になります。

また、出版はあなたの名前とが一生結びついてしまう可能性もあります。

売れない著者というレッテルを貼られてしまう危険もあります。

こうなったら目も当てられませんね。


いかがでしょうか?

安易に企画のテーマを決めると、リスクがあります。

あなたはこうした落とし穴に落ちる事なく、最初の1冊は、じっくりと策を練りましょう。

ぜひ、後悔の無い出版をしてくださいね。

 

PageTop