HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > その他の出版ノウハウ

出版ノウハウ無料公開ブログ

その他の出版ノウハウ

2014/08/05文芸小説の支援をお受けしていない2つの理由

こんにちは、樺木宏です。

さて、私がたまに頂くお問い合わせに、

「文芸小説の支援はしていないの?」

というものがあります。


結論からいいますと、文芸小説の支援は、お引き受けしていないです。


その理由は2つあります。

1つは、私の支援は本を出してもらう事が目的なのではなく、本はあくまで"人生を飛躍させる手段"として考えているためです。

文芸小説ですと、本の印税は入って来ますが、ご自身のビジネスに好影響はなかなか繋がりません。

これがノンフィクションの本ですと、バックエンドのビジネスと連動することで、印税の何倍もの売上を得る事も可能です。

それが経済的・精神的自由を手に入れて頂く事につながります。

私はそれこそが出版の目的だと考えますし、私が"出版を支援する事業"を立ち上げた動機でもあります。

もう1つの理由は、出版社に持ち込んで採用される確率が低い為です。

文芸では、中身を読まないことには、善し悪しが分かりません。

そして編集者は多忙なため、送られてくる原稿を個別に読むと言う事は、時間的に無理があります。

そこで、文学賞などのイベントが、出版業界全体の新人発掘の場として機能している、という背景があります。

このような事から、個別に出版社に持ち込んで採用される確率は低く、提案代行は行っていないのです。

一方、これがビジネス書や健康本などのノンフィクションであれば、出版企画書という2,3枚の

紙で、企画の魅力を全て伝えることができますので、数多くの編集者にアプローチが可能です。

私は個別提案だけでなく、40社の出版社の協力を得て新人著者発掘イベントなども

行っているため、採用確度も高いものがあります。

なお、私が守備範囲としているノンフィクションの出版カテゴリーは、

「仕事術、勉強法、お金、人間関係、健康、美容、恋愛、食」

です。


いかがでしょうか?

もし文芸小説をお考えの方がいましたら、ぜひノンフィクションも検討してみて下さいね。

 

2014/05/20著者のための、出版記念セミナーのつくり方

こんにちは、樺木宏です。

本を出したあと、「出版記念」と銘打ってセミナーを行う人は多いですね。

読者とのコミュニケーションが図れますし、マーケティングとしても効果があるので、

ぜひやるべき、と私も思います。


ただ気になるのは、ちょっとしたコツを知らないばかりに、損をしている人が多い事。

本を書くほどのノウハウをもっている著者といえど、それをどう伝えるかというコツを知らないと、

成果は得られないばかりか、マイナスになる事もあるのです。


例えばよくあるのが、本の内容をそのままセミナーにするケース。

これは勿体ないです。

なぜなら、受講者を退屈させてしまうから。

出版記念セミナーにくる人は、すでにあなたの本を読んでいることが多いです。

つまり読んだ本を復習したいのではなく、もっと自分の為に掘り下げたい、と考えてセミナーに来ています。

それなのに本と同じ内容を繰り返されてしまっては、受講者を「退屈」させてしまうことになります。

しかも、本の内容全てを話すには2時間くらいのセミナーではとても足りませんから、

どうしても中身が薄くなってしまうのです。

これでは受講者の満足度は低く、あなたのファンになる可能性は下がってしまい、勿体ないですね。

もう1つの誤解は、「上手く話そう」と自分に意識が行ってしまう事です。

これも勿体ないです。

なぜなら、「講師が長時間話すほど、受講者の満足度は下がる」からです。

人は自分の話を聞いてもらいたいものですし、それはセミナー受講者といえど例外ではありません。

しかし確固たるノウハウを持っている上に「出版記念」と銘打ってしまうと、

どうしても長時間、朗々と話を続けてしまい、この落とし穴に落ちがちなのです。

これも、受講者の満足度を下げてしまい、せっかくの機会が台無しです。


ではどうするか?という事ですが、

・本の内容から一歩進んで

・参加型の内容にする

のが有効です。

具体的には、本では語り切れなかった「その後」の内容を増やしたり、

受講者個人に焦点をあて、具体的に行動に結びつくようなワークを行うと、

満足度は高まります。

また参加者の自己紹介や、内容へのフィードバックという形で、積極的に話してもらう

要素を取り入れるのも良いでしょう。

ただ、質問などで正解を問うものは、相手にストレスを与えてしまい、逆効果なので注意して下さいね。


いかがでしょうか?

問題解決のノウハウに、こうしたメディア毎のノウハウが加われば、鬼に金棒。

出版の機会を最大限に活かす、ご参考になれば幸いです。

 

2014/04/30ひと言付け加えるだけで、読書生活の質を向上させる方法

こんにちは、樺木宏です。


さて、「年に何冊くらい本を読んでいますか?」と聞かれることがあります。

あなたも聞いたり、聞かれたりした事があるのではないでしょうか?

本を書こうという方は読書好きが多いですから、他の人の読書量が気になるのも、よく分かります。


ただこれは、ちょっと勿体ない、とも思います。

というのも、読書の「量」についてしか聞いていないからです。

本は「自己投資」ですから、いかにリターンを生むかが大切。

であれば、質と量、両方について関心を持った方が良いと思うのです。

だから私はよく、「どのように本を読んでいますか?」と聞くようにしています。

これは、読書の「質」について聞いているので、参考になる事があれば学び、

取り入れるようにしています。


もう少し詳しく言うと「年間○百冊読んでいます」といわれて、

「おぉ〜、すごいですね」で終わらない、という事です。

それ以上に知りたいのは、その大量のインプットを、いかに質に変換しているか。


例えば、脳の機能は、3日で8割忘れるようにできていますから、

大量に読みっぱなしの習慣は、そのままでは"大量に忘れる習慣"でもあります。

そこで、「どのように長期記憶に定着するような工夫をしているのか?」

はぜひ聞きたいポイントですね。


また、知識は行動しなければ力量に変わりませんから、

脳にどれだけシナプスを張ったか、今まで脳の中にあったものとどれだけ結合させることが

できたか?が大切。

そこでどのような工夫をしているのか、もぜひ知りたいポイントです。


そしてもちろん、何を読んだか、も大切です。

選択肢が多すぎて選べない時代ですので、どのような本の選択基準を持っているのか。

読んだタイトルだけではなく、本を読む"文脈"も知りたいところですね。


いかがでしょうか?

いつもの質問に、

「どのように本を読んでいますか?」

と、ひと言付け加えるだけで、さらに読書生活の質を向上させることが出きます。

ぜひ試して見て下さい。

 

2014/04/15できる著者はなぜ"くだらないTV"を見ているのか?

こんにちは、樺木宏です。

さて、著者の中には、「TV番組なんてくだらないから見ない」という人は多いです。

確かに、為になる、とはとても言えない内容のものが多く、

そんな時間があったら、本を読むなど、有意義なインプットの方法はいくらでもあります。


ただ、少数ながら一部の著者さんは、「あえて」TV番組を見ている人もいます。

ただ何となく見るのでは無く、視聴率の高い番組、話題の番組、などをあえてチェックするのです。


そうする事で、今の時代、多くの人はどんな欲求や悩みを持っているのか、

という時代の感覚を、チューニングすることが出来ます。

つまり自分が好きか嫌いかではなく、読者目線を得る為に見る、

言い換えればインプットの為でなく、リサーチの為にTVを見ているのですね。


これは著者だけでなく編集者もそうですが、一時期ヒットがでても、後が続かない、

というのが普通です。

せいぜいピークは3年くらい。

それは、コンテンツが消費されてしまった、という事もありますが、

それ以外にも時代と自分の感性が、少しずつズレていくことも大きいです。

そうならない為に、長く活躍しつづけようと思う著者は、チューニングを欠かさないのですね。


また、自らの専門領域を体系化し、抽象化するレベルまでいっている人は、

アイデアの組みあわせも多彩ですから、TVを見ていても「気づき」が多いもの。


読者ニーズを捉えたい方の、ご参考になれば幸いです。

 

2014/04/08起業して良かったことしかない、私の話

こんにちは、樺木宏です。


さて、先日「働き方」というテーマで、トークライブがありました。

私はパネラーとして参加していたのですが、

進行役の方に、「起業してどうですか?」という質問をされたときに、

「起業して良かったことしかないです」

と答えたんですね。

ずいぶん楽天的だな、と思われる方もいるかも知れませんが、実際にそうなので。


するとその後の懇親会で、過去私が出版を支援し、起業を目前に控えた著者の女性から、

「勇気づけられました」と言われました。

そこで改めて、起業時の不安の大きさ、というものを思い返したのです。


確かに、当時は私もとても不安でした。

しかし幸いな事に「週末起業」というノウハウを学んでいましたので、

それまで貰っていた給料以上に稼ぐめどは、すでに立っていました。

幸いな事に、それからも右肩上がりで収入は増え続けています。

また、精神的な面でも、自分の気持ちをコントロールすべく、

本を読みあさり、実践していきましたので、なんとか不安を乗り越え、

事業を軌道に乗せる事ができました。


だから、不安はあったけど、しっかりと準備すれば乗り越えられる、

という話を、少しトークライブでさせてもらったのですね。

実際、私の支援では、著者となって提供できるコンテンツを磨き、ブランドを築き、

著者というステージで人脈を増やし・・・

という準備をした結果、起業し、成功する人が多いです。


大切なのは、適切な準備。

その事が、経済的、精神的な不安を軽減してくれます。

ご参考になれば幸いです。

 

PageTop