HOME > 出版ノウハウ無料公開ブログ > いなければ始まらない「読者ターゲット」

出版ノウハウ無料公開ブログ

いなければ始まらない「読者ターゲット」

2021/03/25著者のブランディングは "ブレない" が9割

こんにちは、保護ねこ8匹と暮らす出版コンサルタント、樺木宏です。


商業出版のコンサルタトをはじめて10年以上になりますが、

長く活躍し続ける著者と、残念ながらそうではない人、両方を見てきました。

そうした中で私見をお伝えすると、

「ブレないこと」

これが大切だとつくづく思います。


ブレないといっても、同じテーマで書き続ける、ということではありません。

もちろん、それが出来れば素晴らしいことですが、

世の中には流行があり、それは商業出版でも同じこと。

昔は売れ筋のテーマでも今はさっぱり売れない、ということは良くありますから、

固執するのは逆に危険。

いわば、「何を書くか」というテーマは、時代によって変えたほうがよいでしょう。


しかし、逆にブレてはいけないのは、

「誰に書くのか」

ということ。


たとえば、あなたが「社会的な弱者」に向けて励ましと応援の本を書いてきたのなら、

それを貫くべき、ということです。

それがもし、途中で「既得権益を守る側」を養護するようなことを書きはじめたら、

それまであなたのファンだった読者は失望してしまいますね。


あるいは、「中身が大切だ。自分を磨こう」と書いてきた人が、

「実は容姿の方が9割。どう思われるかを気にしよう」

といった主張にくら替えしてしまっては、失望を通り越して怒りすら買ってしまうかもしれません。


そうならない為にも、「誰に書くか」はブレないことが大切なのですね。


ただ実は、商業出版の著者となると、頭では分かっていても、こうした落とし穴にハマりやすい事情があります。


というのは、「出版社から執筆のオファーが来る」ことがあるからです。

せっかくの機会なので、失うことをもったいなく感じてしまうのですね。

そうなると、

「テーマは同じだから、ちょっと読者を変えてもいいかな?」

とか、逆に、

「違うテーマだから、多少変わってもいいかな」

と、変化を受け入れてしまいがち。


出版社、編集者も良かれと思って提案してくるのですが、

彼らの立場上、最優先事項は「今、売れるかどうか」。

今後その著者が長く書き続けられるかではないし、過去の主張と整合性がとれているか、でもありません。

だから運が悪いと、ブレた本を出してしまうことにもなりかねないのですね。


いかがでしょうか。

長く活躍し続けるためには、ブレないことが大切。

あなたの安定感のあるブランディングのための、ご参考になれば幸いです。

 

2020/12/10もう少しで本が出せるのに"もったいない人"の共通点とは?

こんにちは、保護ねこ8匹と暮らす出版コンサルタント、樺木宏です。


「本を出したい!」という多くの方が、

実績も素晴らしく、確かなノウハウをもっています。

今書店に並んでいる本と比べても、遜色ないレベルの人も多いです。


しかし、出版社に企画を送っても、ほとんどが却下されてしまい、商業出版で本を出せる人はごくわずか。

一説には、採用される確率は1/200とも、1/1000とも言われているのです。

なぜこんな「もったいない」ことが起こってしまうのでしょうか?


10年以上、本をだしたいという方のご相談にのってきて思うのは、

「読者数」への配慮の少なさです。

実績が素晴らしい人でも、ノウハウが確かな人でも、ここが弱いことが多いのです。

むしろ、実績やノウハウのレベルが高い人ほど反比例して少なくなる、といってもいいでしょう。


長年実績を積めば積むほど、

周りに高度な専門知識を持つ人が増えれば増えるほど、

「素人である読者」の気持ちが、分からなくなっていきます。

その結果、出版したい内容も、どんどんプロ向けの方向に寄っていってしまいます。

それに合わせて、読者数もどんどん減っていってしまうのですね。


ではどうするか?ということですが、

数字を1つの基準としてチェックするのも、よい方法です。


商業出版では、出版社が売れるかどうかを判断するときに100万人が1つの基準となる、とも言われています。

もしそれよりも大幅に少ないようですと、出版社は、

「良い内容だが、読む人が少ないので売れないだろう」

と考え、企画をスルーしてしまう可能性が高くなってしまうでしょう。


そうならいよう、事前に数字でチェックすれば、

「これはちょっと読者を絞り込み過ぎてしまったな」とか、

「もっと素人でもわかるよう、表現を工夫していこう」といった、

有益なヒントが得られる可能性がグッと高まるでしょう。


自分の企画を客観的にみたいとき、数字は強力な武器になりますよ。


ご参考になれば幸いです。

 

2020/10/29出版企画書も"話し方"が9割!?

こんにちは、保護ねこ8匹と暮らす出版コンサルタント、樺木宏です。


今回の記事のタイトル。

今年の某ベストセラーからもじってみました ^_^


ちなみにその本、タイトルは「話し方」となっていますが、

実は第1章はまるまる「聞き方」になっていたりします。


要はコミュニケーションなので、

「自分の言いたいことばかりをいってもダメで、

まずは相手の欲求を知り、それを満たしてあげればうまくいく」

ということですね。


これは話し方と聞き方だけにとどまらず、

人と人とのコミュニケーション全般に当てはまる、と言えるでしょう。

もちろん、出版企画書も例外ではありません。


なぜなら、本の向こうには、必ず読者がいるからです。

たまに読者の存在が感じられない本がありますが、そうした本は例外なく売れない本。


逆に、読者がありありとリアルに、その心情まで想像できるような本は、

一見たいしたことがなさそうで、すごいベストセラーになっていたりします。

本も、まずは相手の欲求を知り、それを満たしてあげればうまくいく、

ということなのですね。


編集者は、出版企画書でそのあたりを見てきますから、

「著者が書きたいことばかりを並べるのではなく、

まずは読者が読みたいことを知り、それを書いてあげればうまくいく」

と言い換えると、著者にピッタリ当てはまるでしょう。


本も出版企画書も、まずは読者の読みたいことをしっかり把握することから。

売れる本、通る出版企画への第一歩は、間違いなくそこから始まります。


ご参考になれば幸いです。

 

2020/09/17一番てっとり早く、企画を通すためのコツとは?

こんにちは、保護ねこ8匹と暮らす出版コンサルタントの樺木宏です。


さて今回は、商業出版で、一番てっとり早く企画を通すためのコツ。


結論からいってしまえば、

「似たような本がたくさんでている」

ことが、一番てっとり早いです。


なぜなら、

「その本を読みたい人が大勢いる」ことが、証明済みだから。

本は買ってくれる読者がいなければはじまらないので、

そこが保証されているのは、とても大きなアドバンテージなのです。


とはいえ、そこにはいくつか注意点があります。

1つ目は、

「こんな内容、誰でも書ける。私ならもっとすごい内容が書ける」、

という風に、先に出ている似たような本を、見下してしまうこと。


これのなにがまずいかというと、

その「もっとすごい内容」が、プロ向けの高度過ぎる内容になりがちだからです。

そうなってしまうと、読者はついていけず、

「もっと分かりやすく、かつラクそうな本がいい」

と考えてしまうでしょう。


編集者もそう考えますから、まず企画が通りません。

そうではなく、あなたらならではの工夫で、読者サービスをすること。

この考え方が、読者と編集者を、グッと引きつけるでしょう。


2つ目の注意点は、

後から出すのに、同じような内容になってしまうこと。

すでに似たような本が出ており、内容までほとんど同じなのであれば、

出版社も後から出す意味はあまりないでしょう。


なので、「私の企画は"読者にとって"ここが違う」

という、差別化を考え、それを出版企画書でも打ち出していくことが、とても大切なのですね。


いかがでしょうか?

注意点を踏まえて「似たような本」を見ていけば、

最短距離で本を出すことも可能。

早ければいいというものでもありませんが、

どうしても早く!という方の、ご参考になれば幸いです。

 

2020/07/30著者の禁句は、"こんなの知っている"

こんにちは、保護ねこ8匹と暮らす出版コンサルタントの樺木宏です。


この記事を読んでいるあなたは、

商業出版で本を出そうという人ですから、

専門分野をもつプロフェッショナルだと思います。

知識も豊富で、読書などのインプットにも余念がない、勉強熱心な人も多いことでしょう。


ただ、あなたが好むのは「自分レベル」の本や情報ではないでしょうか?

プロが好んで読む本は、専門知識を持っていることが前提で、

高度で最先端な、内容であることが多いのです。


自分で本を出そうとするときは、その感覚はいったん脇に置かなければいけません。

なぜなら、どの分野でも、「8割の人は素人」だからです。


大半が素人なのにもかかわらず、プロ向けの感覚のままでいるとどうなるか。

そう、売れない企画書になり、企画が通りません。

仮に、あなたの実績が凄すぎて企画が通ったとしても、

素人が興味関心を持ちにくい内容になってしまい、本が売れません。


だから、どんなに凄いプロでも、いや、凄いプロだからこそ、

自分の感覚をいったん脇に置き、「素人向け」という目線が大切になってくるのです。


そういう意味で、もしあなたが、

書店で素人向けに書かれている本を見て、

「なんだ、こんなの誰でも知っている。たいした本じゃないな」

などというネガティブな印象を持ったら、それは著者として赤信号が灯っているといっていいでしょう。


むしろ逆に、

「こうやって工夫すれば、素人の読者に、もっと関心をもってもらえるのか」

と、感心したり、悔しがったりするようなら青信号。

将来の著者デビューや、より売れる本、という結果につながることでしょう。


著者の禁句は、"こんなの知っている" 。

ご参考になれば幸いです。

 

PageTop